外国人がロシアを訪れるまでわからない10の事実

Andrey Nikerichev, Alexander Avilov/Moskva Agency; Victor Lisitsyn/Global Look Press
 ロシアの街にはクマが歩き回っていると思っているかもしれないが、自分の目で見るまでは信じてはいけない。

1. ロシアは安全

 旅行代理店やオンラインから得られるこの情報は、ロシアに行こうと思っている観光客みなに安心を与えるのだ。 観光客のほとんどが、モスクワとサンクトペテルブルクに行くことを考えている。何百万人もの住民のいる場所が安全であるとは信じられないので、これら二つの都市への懸念は特に深刻だ。

 したがって、自分で見るまではこれを信じることはできないだろう。モスクワやサンクトペテルブルクでは、地元住民も観光客も、公共の場所で電話、ラップトップ、カメラを快適に使うことができる。外国からの訪問者を驚かせるかもしれないのは、このような安全性が地方にもかなり及んでいるということだ。

 他の国と同様に、避けなければならない特定の場所があるものの、ロシアは危険だということは、概して人々がロシアを訪れる前に最も誤解を招く先入観の一つだ。

 ロシアを一人で旅行する予定の女性はこちらをクリックしよう

2. ファーストフードチェーンはロシアの方が良い

 ロシアにある国際的なファーストフード店が、他国の店舗よりも整然としていて清潔であることは、外国人だけでなく、ロシア人も驚く。

 ユーザー名Max Yankovはオンライン上に以下のように書き込んだ

 「不思議なことに、モスクワにある国際的なファーストフードチェーンは他のどこの国よりもはるかに優れています。海外では、マクドナルドやバーガーキングでは満足できませんが、ここでは大丈夫です」。

 考えられる説明の一つとしては、ロシアでは、ファーストフード店を含む公共の場所にセキュリティスタッフが豊富にいるということだ。海外のマクドナルドは、ホームレスの人々の隠れ家となってしまっているかもしれないが、ロシアではセキュリティスタッフが店舗からホームレスの人々を追い払うことは珍しくない。

3. キャビアが入ったファーストフードがある

 さっき、ファーストフードチェーンはロシアの方が、海外よりも優れていることを話した。しかし、外国人がさらに理解するのが難しいのは、ファーストフードについてのロシア流の考え方があるということだ。

 実際、キャビアやフォアグラの載ったパンケーキを1枚30ドルで提供するファーストフード店は存在し、ロシア全土から届けられる地元の(また全国的な)珍味を味わえる小さなカフェも複数あるのだ。

4. ロシア人は世間話をしない

 誰もが知っているようだが、ロシア人と会話を始めようとすると、外国人観光客の多くが驚かされる。

  「ロシアで道を歩いていた時、私に何かを話しかけてきたのは、「ああ、あなた、ハンサムですね」と言ってくれた盲目の年老いた素敵な女性だけだった。その後私の隣の空間に対しても「…あなたも。」と言っていたけれど」と、ロシア・ビヨンドの寄稿者の一人、ベンジャミン・デイビスは書いた

 簡単に言えば、世間話はロシアの文化ではないので、次にここに来るときは、天気の話はやめて、すぐに仕事に取り掛かろう。

5. ロシア人女性は美しい

 これは間違いなく、ロシアについて最も広く普及しているステレオタイプであり、世界の隅々で真実のように轟渡っているが、それでもほとんどの場合、単なるステレオタイプだと見なされている。

 ただし、実際には、これは根拠のない他の固定観念とはほど遠いもので、赤裸々で難しい事実だ。ロシア人女性の美しさは、彼女たちのハードワークと、自分自身ではあまりコントロールできない他の様々な要因の結果として生まれる。つまり、この融合は、国内および世界で高く評価される前例のない美しさをもたらす。しかし、繰り返しになるが、自分で見るまでは信じられないだろう。

 警告:それでも、ロシア人女性とデートはしない方が良いだろう。ここに理由が書かれている

6. モスクワとサンクトペテルブルク以外にも人は住んでいる 

 「ロシアと呼ばれる土地の無駄遣い」の、二つの首都の向こう側に住んでいる人がいるはずだと、あなたは思いを巡らせたかもしれない。それでも、他の国から来た人はどうしてそのように確信できるのだろうか?

 知る方法は一つだけだ。自分の目で見てみよう。これを試す人は、その経験を決して忘れはしないだろう。

 ロシアの地方は首都と同じくらい多くの楽しみを旅行者に提供している。2014年の冬季オリンピックが開催された太陽が降り注ぐ黒海の都市ソチ、クリミア半島、未知のシベリア、ユニークなバイカル湖北極圏、そして極東地域の驚くべき美しさは、ほんの一例に過ぎない。行く場所は異なれど、旅する誰にとっても、素晴らしい体験となるだろう。

7. 冬は寒い

 注意!冬の凍結や極端な気象条件に慣れていない場合、上記の場所のいくつかに服行くのは危険である可能性がある。モスクワとサンクトペテルブルクの冬はひどいと多くの人が聞いたことがあるかと思われるが、実際には、よく理解していない!

 気温-50度のときに外にいることを想像してみよう。これは、シベリア最大の地域であり、最も寒い地域でもあるサハ共和国の普通だ。その地域にある二か所、オイミャコン(人口500)とベルホヤンスクは、地球上で最も寒い場所の称号をめぐって争っている。

 観光客は、ロシアがどれほど寒いかについて漠然とした考えを持っているかもしれないが、ロシア人の一部がそのような状況下でどのような服を着るかを見ると、誰でも衝撃を覚えるだろう。 

 ロシアがなぜ寒いのかについてもっと知りたい場合は、ここをクリックしてください

8. クマが通りを歩き回る…小さな町や村でだけだけれども

  「外にクマが見えないことを願っています」。これは、モスクワの赤の広場近くにある高級ホテルにチェックインする際、よく観光客を笑わせる文句だ。このステレオタイプが外国人の間で広まっているにもかかわらず、ロシア人のほとんどは、クマが自分の町の通りを歩いているのを見たことがない。

 ロシア人のほとんどというのは、全員のことではない…。ロシア北部の小さな町や村に住んでいる人は、時々クマや他の野生動物が通りを歩き回っているのを見ることがある。しかし、クマがロシアの街を歩くことがあるということと、自分の目で野生のクマを見るかもしれないということはまったく別のことだ。

9. ロシアで運転するのは危険です

 ロシアのドライバーはあわただしい運転スタイルで悪名高く、交通ルールは一般的に無視されている。誰もが知っていることだが、実際にこれを体験する人はほとんどいない。

 制限速度は見た目とは異なる。黄色の信号は存在しないことになっている。ウインカーはモスクワだけでなく、他の地域でも天然記念物だ。ポジティブな点として、ロシアで運転した後も元気でいることができれば、世界中のどこかで運転することは簡単なことだろう。

10. ロシア人は英語を話さない

 ほとんどの来訪者が、ロシアに来る前にdaとnyet以外に、いくつかの単語を学ぶことは良い考えかもしれないと思っている。しかし、そのほとんどは、英語が通じることを期待しているだろう。

 あなたはすでにこれを百万回聞いたことがあるに違いないが、もう一度聞いてほしい。流暢に英語を話せる人はもちろん、少し話せる人もほとんどいない。あなたはモスクワとサンクトペテルブルクで幸運に巡り合うかもしれないが、人口が少ないロシアの地方で、英語でおしゃべりをすることは期待しないでほしい。ロシア人の多くはあまり海外旅行しないので、難しくて恐ろしいこの言語を学ぶ必要性を単に感じていないのだ。 

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる