シベリアについて教えてくれる写真10枚

Aleksandr Kryazhev/Sputnik
 シベリアには高さ2メートルの雪の吹きだまり以上の何かがある。

1. シェレゲシュ、クズバス

スキーリゾート「シェレゲシュ」フェスティバルGrelka Fest-2019

 雪、太陽、ビキニ姿の女の子。これらは、シベリアの住人が「シェレゲシュ」という言葉を聞いたときに頭に浮かぶものだ。シェレゲシュはかつて鉱山労働者の村であり、2011年以降はトップのスキーリゾートになっている。かつてシャキーラの歌「ロカ」に出てきそうな水着姿のクズバスの女の子がスキーする様子を撮影した地元住民のビデオからすべてが始まった。このビデオはすべてロシアのチャンネルで放送され、英語のタブロイド紙のデイリー・メールは見開きでこれを紹介し、アメリカのブロガーはこのようにヒステリックなほど興奮した。「忌まわしいペンタゴンよ。なぜ私たちが冷戦に勝ったと私たちに嘘をついたのか?!」現在、毎年数千人の人々がここに水着を着てやってくる。

 

2. シベリアの蚊

 Googleで「シベリアの蚊」と検索すると、気弱な人向けではない何百もの動画が出てくる。シベリアの夏に、これほどひどいことはない。人々をむさぼる吸血性のユスリカの大群だ。この地域には40を超える種があり、この虫の攻撃を受けた人々は病院に行き着く。地元の人々はこれを「蚊の黙示録」と呼んでいる。

 

3. オーロラ

ノリリスクのオーロラ

 北極圏は、シベリアを含むロシアの大部分を含んでいる。したがって、ノリリスク(モスクワの北2,878 km)やタイミル半島(モスクワから北3,242 km)などの一部の都市では、数十日間(文字通り)太陽が見えない。しかし、驚くべきボーナスがある。これらの地域の住民は素晴らしい自然現象を観察できるのだ。

 

4. サヤノーシュシンスキー水力発電所、ハカシヤ 

サヤノーシュシンスキー水力発電所のダム

 ロシアで最も強力な発電所は1963年に建設が開始され、9年で完成するはずだった。しかし、建設は「少し」長引いた。この発電所はいくつかの時代と世代を眺めてきた。公式には、この水力発電所は2000年代になってようやく完成した。 2009年8月、ここで過去最大の技術的災害の一つが発生した。数十の切断された遺体、発電所の建物の破壊、エニセイ川への膨大な油の流失。その時、強力な水流が油圧ユニットの蓋を破壊し、一度に75人が亡くなった。

 

5. シベリアの「黒い金」

ヴァリエガンスコエ油田、チュメニ州

 ロシアの石油の73%は西シベリアで生産されており、ロシア連邦天然資源省の予測によれば、埋蔵量は2044年までの分ある。しかし、問題はすでに深刻だ。生産量を維持する方法はどのようになっているのか?凍った地面や通過できない沼地のせいで、石油を抽出することがはるかに難しい地域が残っている。これは、東シベリアとロシアの北方領土の問題だ。

 

6. シベリア鉄道

シベリア鉄道、バイカル湖

 ロシアは100年以上前のロマノフ朝の支配下でシベリア横断鉄道を建設することを決定した。これは、ロシアが極東地域での中国の拡大を恐れていたためだ。その恐怖は大きく、資源は無尽蔵に見えた。そのため、シベリア全体を横断する世界最長の鉄道が作られた。その長さは9,000 kmを超え、これは鉄道で時間にして6日と22時間かかる。この鉄道に関連する多くの物語、映画、歌、伝説がある。

 

7. グラグ(矯正労働収容所総管理局) 

 シベリアの無人の地はさまざまな方法で開拓されたが、これには囚人が大きな役割を果たした。巨大な建築物(バイカル・アムール鉄道など)、道路、都市、ダムなど、それらすべてが囚人によって建設された。少なくともその建設の開始に携わった。彼らは刑務所に入れられて敵対的な環境に追放されていた。「仕事も食べ物もない」が主な管理方法だ。そして、建設スケジュールが過ぎるたびに、収容所の管理者は労働日を延長した。 「人々は1日16時間または18時間働いた」と歴史家のセルゲイ・パプコフは彼の著書『シベリアにおけるスターリンの恐怖』で書いている。

 

8. 冬のバイカル湖、イルクーツク州

バイカル湖

 これは最も有名な自然の驚異の一つであり、シベリアのシンボルだ。毎年春になると、バイカル湖の表面に白い円が形成され、科学者たちは長い間困惑してきた。しばらくの間、それらはメタンのために形成されると信じられていた。やっと秘密が明らかにされた。神秘的な円は、高気圧性の(暖かい)渦と湖自体の構造によって形成されているのだ。

 

9. ノヴォシビルスクの研究都市 

フランスのシャルル・ド・ゴール大統領(当時)、ノヴォシビルスクのアカデムゴロドクにて、1966年。

 シベリアは霜とバイカル湖だけでなく、科学とも強く関係している。 1957年、科学研究の中心がここに設立された。このノヴォシビルスクアカデムゴロドク(研究都市)は世界的に有名になった。様々な分野の多数の研究所、大学、科学フォーラムなど、これらはすべて、研究者の主導で、モスクワから遠く、より自由の多い森の真ん中にある別のクラスターに移された。世界初のコライダーは、アカデムゴロドクの核物理研究所で作られた。

 

10. ヴァシュガン湿原

 シベリアは広大で、その大きさを理解するために、ここに例を示そう。西シベリアの真ん中には湿原があり、その大きさはすでにスイスよりも大きく、しかも拡大し続けている。シベリアはさらに113の都市(そしてそのうち3つが人口100万人以上の都市)と無限に広がるタイガがすっぽり収まる大きさであることを想像してほしい。 

 

*これも読んでみよう: シベリアっ子にとっての15の暗黙の常識

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる