ロシアのヤンキー(ゴプニク):どのようにすればそう見えるか

Sputnik
 いや、真剣に考える必要はないのだ。でもこの助言があなたを助けるんだ、正しい、えっと…ハロウィンコスチュームを選ぶのに!

アディダスの服を着る(革靴を履く)

 ソビエト時代では、アディダスのブランドウェアは不適合の象徴だった。ソビエトのエリートたちがそれを認めなかったからだ。人気のある格言が存在した。「アディダスを着ている人は明日祖国を売ります!」(ロシア語で韻を踏んでいる)。

 ソビエト連邦の崩壊後、アディダスのスポーツウェアは地下世界の犯罪者を特徴づけるものとなった。いじめっ子、町の悪党、フーリガンから元兵士、そして貧しいが有望なアスリートまで、アディダスは彼ら全員に人気だった。

 多くの刑務所には制服がなかったため、多くのロシアマフィアの有名な囚人でさえ、スポーツウェアを着ていたのだ。 「野生の90年代」の間に、元アスリートの一部でさえ、生活のやりくりをするため犯罪に手を染め、そのときもしばしばトレーニングに使用したものと同じ服装を着ていた。

 ロシアマフィアに加わりたいなら、アディダスのスポーツウェアは必須だ。おまけとして、スポーツウェアには安価だが磨かれた革靴を組み合わせよう。プロの人は、冬までその服装を続けよう。

髪を固める(正しく)

 ロシアの低レベルの悪党は独自のヘアスタイルを考案していて、パリのファッションショーにさえ使われた。基本的な原則に従うだけで簡単にできる。前髪で額を覆い、剃られた頭の上から櫛の形に下向きにブラシをかければよい。でき上がり、これであなたもマフィアの仲間入り!

 悪名高い「ギャングスタークイフ」の起源については、軍隊理論と文化理論という2つの主要な競合理論があるが、どちらを信じても結果は同じだ!

ヒマワリの種(セメチュキ)を食べる(いつも)

 率直に言って、ギャングスターだけでなく、すべてのロシア人がヒマワリの種を食べている。しかし、公共の場でヒマワリの種を食べることは、すべて自尊心の強い凶悪犯の特徴だ。

 一度食べ始めたら、噛むのを止めることはほとんど不可能だということは理解できよう。自発的な謙虚さと恥ずかしさだけが、このスナックを公共の場所に持ち込むことを妨げるものだ。しかし、真のマフィアメンバーはこれらの感情どちらにも縛られない。ギャングがひとつかみのヒマワリの種を公園、美術館、結婚式場、宇宙空間に持ち込んで、あたりをゴミだらけにするのを止めることはできないのだ!

 噛んでいることは挑発行為でもあるのだ。ヒマワリの種の殻をそのままにしていることを説教してしまったら、ひどい喧嘩が始まってしまうだろう。

しゃがむ(珍しい場所で)

 ソビエト時代の刑務所では、囚人は自由時間に座る場所がなく、地面に座ることは評判の高い犯罪者にとって容認できることではなかった。だから、しゃがむ文化が広がったのだ。低レベルの悪党でもこのテクニックを使うと、実際よりもワルなように見えて一般の人には有効だ。悪党であろうとなかろうと、あなたが十分に長くしゃがんだとしたら、あなたがロシアマフィアに属していることを疑う人はいないだろう。その場所が珍しいほど、そのイメージの信頼性が向上する。

威張った歩き方をするのを忘れない

 Gop-stopとは、ささいな犯罪、強盗、路上ひったくりの文化全体の背後にある哲学そのものであり、人生全般に対する一定の態度を必要とする。候補者は健康的な楽観主義でずっと続く自身の貧困を受け入れ、また人生が決してより良い方向に向かうことはなく、一時的に行われるすべてのものを本当に楽しむことを学ばなければならない。

 複雑ではあるものの、この考え方がソビエトとロシアの何世代ものゴプニクを育てたのだ。ロシアの町の悪党の仲間入りをしたいなら、ロマンチックで楽観的で、日和見主義者であることを忘れずに、笑顔で人生の苦難を受け入れましょう!

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる