ロシアの町で非常事態宣言!ホッキョクグマが民家に入り人々を追っかけまわす

ヴェラ・コスタモ撮影/Sputnik
 ついに起こってしまった…。クマの惑星だ。ロシア北極圏の町ベルーシャ・グバに、ホッキョクグマの大群が押し寄せたため、住民は家に閉じ込められている。既に52匹のホッキョクグマが確認されている。

 シベリアタイムズ紙で、地方自治体副長官のアレクサンダー・ミナエフ氏が語ったことによると、町では非常事態が宣言され、多くの人が怖くて外に出ることが出来ず、混乱して日常生活が送れていないという。特に子供たちの身を心配しており、今週幼稚園や小学校には子供の姿はなかった。クマがアパートの敷地の中まで入り込んでいるという報告もある。

 この、クマの侵入に関する写真やビデオはロシア中の関心をさらった。その多くがユーモアなもので、クマが町中を漁っていく様子が流れている。まるで、自分の冷蔵庫を漁るかのように。

 ノヴァヤゼムリャの地方長官ジガンシャ・ムシン氏はシベリアタイムズ紙に「私は1983年から、ノヴァヤゼムリャに住んでいるが、こんなに多くのホッキョクグマが侵入してきたのは初めてです。」と語った。彼はさらに、「まさに文字通りクマが人々を追いかけまわしている」と付け加えた。

 調査機関によると、今回のクマの侵入は2018年の12月から続いているという。

 自分たちを守ることが出来ないならば何をすればよいのだろうか?ホッキョクグマが絶滅危惧種に指定されているため、ロシアの自然保護団体は、彼らを撃ってほしいという要求を断っている。しかしながら、ホルンの音での威嚇や、電気フェンス、しまいには、空砲でさえも、彼らを追い返すには全く意味がなかった。

 調査機関によると、現在、専門家たちが、ノヴァヤゼムリャの島に位置するベルーシャ・グバへ向かっている。この島の人口は約1,970人であり、その大半が島にある核実験場に関する仕事に就いている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる