ロシアの警察で働いているのはどんな犬?

Valery Matytsin/TASS
 あなたのジャック・ラッセルテリアやスピッツは警察で働くことができるだろうか?畜犬学者らによれば、基本的にどんな種の犬でも警察での任務のための訓練を受けさせることはできるが、それでもやはりそうした任務の遂行により向いている犬種はあるのだという。

 犬は普通の生活においてだけでなく、犯罪との闘いにおいても、人間の最良の友人である。6月、ロシアの畜犬学者らはある職業的祝日を祝った。それは、今から110年前の1909年6月21日にサンクトペテルブルグでロシア初の捜査犬の訓練所が開設されたことを祝うものである。以降、訓練された警察犬たちは果敢に犯罪者を捕まえ、社会の秩序を守ってきた。

 現在ロシアではおよそ200の畜犬センターがあり、およそ14,500人の畜犬学者がいる。ロシア内務省畜犬管理センターの所長を務めるセルゲイ・カチキン大佐によれば、2018年と2019年の第一四半期に犬たちは数千の犯罪を暴く手助けをしたという。その内訳は、殺人事件500件、傷害事件725件、窃盗21,000件、強盗3,628件、暴力事件1,330件、麻薬犯罪11,662件、武器・弾薬・爆発物などの不法売買に関する犯罪1,664件となっている。

 犬たちの任務は100年以上もの間、変わっていない。昔も今も彼らは捜査活動、人員の保護、犯人の捕獲に協力している。畜犬学者らが指摘するように、捜査などの警察の仕事はどんな犬種にも教えることができる。重要なのは、その犬に仕事に対する能力と興味が備わっていることである。とはいうもののやはりロシアの警察でよく目にする犬種というのがある。

1\ ジャーマン・シェパード・ドッグ

 ジャーマン・シェパード・ドッグは昔からロシアの警察における主な使役犬であった。この犬種は万能で、ロシアの捜査犬のほぼ半分がジャーマン・シェパード・ドッグである。

 また爆発物、麻薬の捜査でも素晴らしい能力を発揮し、犯人の捕獲や護送にも最適である。加えて、シェパードは悪い気候条件の中でよりよい仕事をすることがある。ノヴォシビルスクの畜犬学者によれば、たとえばロットワイラーはシベリアの条件には合わないが、シェパードはより快適に過ごすことができるのだという。

2\ ベルギー・シェパード・マリノア 

 この数年、ロシアの警察ではベルギー・シェパードも人気を博しつつある。性格的には短気であるが、非常に精力的で活動的である。また仕事に対する情熱があり、忍耐力もある。

 セルゲイ・カチキン大佐は「この種の犬には特に注意を払わなければなりません。ジャーマン・シェパードとは違い、我々のミスを許してくれないときがあります。しかしながら、ロシア内務省ではこの種の犬の訓練レベルは日に日に向上しており、ベルギー・シェパードの数は増加しつつあります」とコメントしている。

3\ イースト・ヨーロピアン・シェパード 

ボロネジ畜犬センターの優秀なイースト・ヨーロピアン・シェパードのガルソン

 1930年代にソ連で、さまざまな天候下で活動する赤軍のため、また国民経済の需要のために作られた使役犬である。この犬種は穏やかで、自信に満ちているが、知らない人を信用しない傾向がある。そのヒロイズムから、イースト・ヨーロピアン・シェパードはもっとも愛国的であると認められている。大祖国戦争のときには、地雷探査、伝令を任務としていたが、その後は国境警備や救助活動、人員やその財産の保護などに使われた。現在、イースト・ヨーロピアン・シェパードはロシアでは様々な官庁での建物や敷地の警備、爆発物や麻薬の捜査、侵入者の捕獲や護送、また国境軍、警察、地下鉄の安全警備などで活躍している。ボロネジ畜犬センターの優秀なイースト・ヨーロピアン・シェパードのガルソンは2003年に自分の生命をかけて、数人の命を救った。

4\ ロットワイラー

 ロットワイラーは基本的に検問所での任務をこなしている。犯人の捕獲と護送に非常に適している。この犬種はむら気で、長い時間をかけて、根気強くトレーニングする必要があるが、その努力をする価値はあると言われ、「訓練された犬はまさに本物の戦士」である。オルロフの畜犬センターによれば、そこで訓練を受けているロットワイラーのロニーは武器、事件現場、被害者の「足跡」を辿って、犯人を捜索するのを助けている。

5\ ラブラドール・レトリバー

 ラブラドールはジャーマン・シェパードやスパニエルと並んで、より優れた嗅覚を備えている。まさにそのために、捜索活動や地下鉄の警護、また税関などで目にすることが多い。人なつこい性質の捜査犬で、爆発物や麻薬を嗅ぎ分ける。

 しかしカチキン氏曰く、警察で働くラブラドールの数はそれほど多くないとのこと。その理由は人を守ることに長けていないからだという。「畜犬学者らはときに武器を持った犯人と向き合うことになり、そういった状況では、犬が主人を助けに来ることが重要なのです。まさにそうした理由により、徐々に小さな犬種を使うのを避けるようになっています。攻撃がマイナスとなる犬種であるラブラドールもそうです」。

6/ コッカースパニエル

 もう一つの捜査犬は素晴らしい嗅覚を備えたコッカースパニエル。彼らは爆発物や麻薬を見つけるのが得意である。主に多くのものがあり、潜り込んでの捜査が求められる税関で使われている。またこの犬種は運搬しやすく、室内で放して置くことができる。シェパードと較べると、目にすることは少ないが、これは必要とされたときに、人間を守る力が備わっていないためである。

おまけ: コーギー

 体は小さいが、ロシア警察で最近、使われるようになった。コーギーもシェパードの一種だからである。現在、ロシアで働いているのは1匹だけで、ロシア内務省沿ヴォルガ連邦管区交通局に配属されている。任務について8年、そのうちの6年をこの交通局で働き、麻薬の捜査に従事している。体の小ささを活かし、自動車をくまなくチェックしたり、その他の捜査を行ったりすることができる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる