「メス熊はわたしを土に埋め、食らいついてきた」。クマと遭遇し、生き延びた女性たち

Bernd Zoller撮影/Global Look Press
 自然の中での「タイガの主」との遭遇は致命的なものである。2人の女性が、どのように生き残ることができたのかを語ってくれた。事件はどんなスリラーよりも恐ろしい。

 サヤノゴルスク(ハカシア共和国)出身のマリーナ・フォーキナさんは勇敢な女性である。彼女は休暇になると、友人と一緒に2–3日、森に出かける。幸い、彼女はそれができる環境にあった。家から200キロの場所に、地域でもっとも人気のあるエルガキ自然公園があるからだ。マリーナは高学年の頃からすでに25年にわたってこの公園を訪れている。2015年6月12日、彼女は5歳の子ども、妹、甥っ子、そして72歳の女友達とともに森へ向かった。夜中、みんなが寝ているときに、中に食べ物があることを感じた 若グマがテントに近寄ってきた。マリーナはクマが入ってきてすぐに目に入るところにいた。

 マリーナは回想する。「最初は木が倒れてきたのかと思ったんです。それからオオカミかなと思いました。しかしそれはクマだったのです。そしてわたしに噛み付いてきました」。激しい痛みを感じたというマリーナ。しかし何よりも子どものことが心配で恐怖を感じた。クマが彼女の子どもの方に向かっていったのを見たのである。「そのときクマが息子の足を噛んだように見え、それでものすごい怒りが湧きました。それでこいつをやっつけようと思ったのです」。彼女は外に斧を置いてあることを思い出した。焚き木の薪を割るために用意していたものだ。彼女はどうにかテントから外に出て、負傷した手で斧を摑んだ。ショック状態で、力が出きた。しかしクマは彼女を見て、足にしがみついた。その瞬間、妹と子どもたち、女友達がテントから飛び出してきた。そこでクマはもう誰にも興味がなくなったという。単に人が食べ物への道を邪魔したからだ。

 ツーリストらは森から生きて戻り、レスキュー隊を呼んだ。マリーナは、もしあのとき、斧を持ってクマを攻撃していたら、おそらくクマを怒らせてしまい、誰も助からなかっただろうと考えている。

食いちぎられた顔は縫い合わされた

マリーナ・フォーキナ

 「それ以前にもピクニックのときにクマを見たことはあったんです。もちろん遠くからです。ですからクマがいるということは知っていました。しかし自分に近寄ってくることはないと思っていたんです。しかも夏でしたから」とマリーナは話す。「後で猟師が教えてくれたんですが、ちょうどこの時期に発情期が始まるそうなのです。それでオス熊はまさに狂気します。わたしたちは食べ物を近くに置いていたので、クマはその食べ物に誘われてきたのです」。そう、クマは鼻がいいのだ。

 そもそも、テントの中に食べ物を置いておかないこと、そして夜の間、焚き火をついたままにしておくことというのはツーリストが守るべき基本的ルール。しかしその日の夜は雨が降っていたため、濡れるからと食べ物をテント内に持ち込んだ。これが運命的な過ちだったとマリーナは言う。

マリーナ・フォーキナ

 クマは息子の片足とお腹の一部を噛み切り、女友達の頭皮をほとんどはがし取った。彼女はいまもショックを引きずっていると言う。マリーナはさらに不運だった。ハカシアの首都アバカンの医師たちは文字通り、噛み切られてバラバラになった顔の部分を縫合した。顎は蝶番みたいにぶらんと外れていた。咬み傷は脳と視神経からわずか数ミリしか離れていなかった。

 「病院に行ったとき、医師たちはわたしが助かるとは思わなかったようです。しかしわたしは2日目には自分で起き上がれるようになり、体操までできるようになっていました。それほど状況が深刻だとは思っていなかったのです。しばらくして、すべてが前のようではなくなるんだなと言うことを理解できるようになりました」。マリーナさんは現在38歳。あの日以来、整形手術を何度もしている。特に左顔面の神経が損傷しており、目がチックにように瞬く。最近、マリーナは現場となった森に戻り、そこにメッセージを書いたテープを貼った。「どんなクマもロシア人の精神力を壊すことはできないことを知ってください」と。

「クマがわたしを噛んでいるのを見ながら、わたしは祈りを捧げていたのです」

ナタリヤ・パステルナーク

 一方で、森ではクマに遭遇することも十分想定できるが、街中にクマが出現すると言うのはまったく予測不可能な事態である。極東のティンダに住むナタリヤ・パステルナークさんはそれまでクマは動物園とサーカスでしか見たことがなかった。2015年5月11日、54歳だったナタリヤさんは82歳の友人、ワレンチナ・ゴロデツカヤさんと一緒に、ナタリヤさんの犬を連れて白樺の樹液を集めるために街の外れに出かけた。着いた場所で彼らは散り散りになった。2人とも15年間、同じ森の同じ場所に行っていたので、その場を木の一本一本まで知り尽くしていたからだ。

 最初にクマの気配を感じたのは犬だった。4歳くらいのクマで、どうやら冬眠から目覚めて、食べるものを探しているらしかった。ナタリヤは言う。「犬が激しく吠えたので、何か危険があるのだと思いました。すると木々の間からクマが飛び出してきて、犬に向かっていくのが見えました」。彼女は逃げようと思ったが、友人のことを思い出し、立ち止まって、彼女に逃げるよう大きな声で叫んだ。「これが間違いでした。わたしの叫び声でクマは怯えて、わたしに飛びかかってきたんです」。

 心を引き裂くような叫び声を聞いたワレンチーナが彼女の元に駆け寄ってきた。最初は野良犬に襲われたと思ったが、血だらけのナタリヤの上にはクマが立っていた。助けを呼びに行こうと思ったが、クマは彼女に気づき、背中を一撃した。そのときの爪跡はいまも残っているという。しかし幸い、ワレンチーナはその場から離れ、救助隊を呼ぶことに成功した。そうしている間、クマは最初の獲物の元に戻り、ナタリヤをほぼ土の中に埋めたが、ワレンチーナの声に驚き、ナタリヤを人目につかない場所に移動させようとした。ナタリヤは必死に抵抗した。痛みによって意識を失いながらも、低木や木をつかんだ。

 「もう死ぬんだと思いましたが、何もしないまま諦めたくはなかったのです」と彼女は回想する。「クマはわたしを埋めようとしていました、噛まれているのが見え、噛む音まで聞こえました。その間、わたしは祈り続けました」。

 狩猟者がやってきたのは40分後だった。クマは狩猟者にも襲いかかろうとしたが、狩猟者たちはなんとかクマを銃で撃ち殺した。ナタリヤがいた場所を知らせてくれたのは犬だった。犬は救助の人たちがやってきたのを見て、すぐに吠えた。ナタリヤが命を落とさずに済んだのは、頭部を埋められなかったからだろう。頭を埋められてれていれば、息ができなかったからである。

「畑を歩くクマ」

ナタリヤ・パステルナーク

 彼女はクマに頭皮をすっかり剝ぎ取られ、足はほとんど骨まで食べられていた。「残っていたのは何もない頭蓋骨だけ。血だらけ、泥だらけでした」とナタリヤは振り返る。「医者たちは後に、どう治療すればいいのか、何から手をつければいいのか分からなかったと話してくれました。服を切られて、看護婦が残っているところはないと言ったのを覚えています」。手術の後、彼女は飛行機でブラゴヴェシェンスクに搬送され、皮膚を細長い縞状に剥ぎ、足りないところに移植した。ナタリヤは2ヶ月入院し、今もまだ回復の途中である。肉体的と言うよりは、精神的にだ。

 事件後、彼女はここ数年の間に、他にも街中でクマを見た人がいることを知った。「畑や住宅の敷地内を徘徊しているというのですが、誰も何の策も講じていません」とナタリヤは絶望的な気持ちで言う。ティンダは美しい自然が溢れる場所である。丘と森に囲まれている。ソ連時代、ナタリヤさんの両親はここにバイカル・アムール鉄道の建設にやってきて、その後、両親はドニエプロペトロフスクに戻っていったが、彼女はティンダに残ることにした。最近、彼女は20年間待っていたアパートをようやくもらえることになった。「時代が変わったのです。昔は静かで何もないところを散歩し、何も怖がることなくキノコやベリーを摘んでいたのに」とナタリヤは言う。彼女はもちろんあれ以来、街の外れにはけして行かないようにしている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる