隔離状態でもゆったり楽しむ:自宅隔離している間にできるすべてのこと

Legion Media, Alexander Sery/Mosfilm, 1971
 Covid-19のパンデミックで隔離に追い込まれたときに退屈しないように、用意すべき読むべき本、見るべき映画、訪れるべき「美術館」のリストを紹介しよう。

これまで見る機会がなかった名作映画や新作映画を楽しむ 

 これは、ロシア映画(英語字幕付きもあり)をどこで見れるかの一覧である。―アマゾンプライムネットフリックスや他のデジタルプラットフォームで見ることが出来る。

 どの映画を見ればいいのか分からないという人は、絶対見るべきソ連映画10選から始めよう。これらの名作はきっと気に入るはずであり、いい気分にしてくれること請け合いだ。またこの10年間に公開されたベストのロシア映画ならこちらからどうぞ。

 昔のロシアに遡りたいならこちらをどうぞ。

 ロシア・ドキュメンタリー映画センターは、ウェブサイトで見れる膨大な英語字幕付き映画コレクションを30日間無料で見れるトライアルを提供している。

 つい最近公開された「ロシア系ジョージア人」は、有名なロシア人ジャーナリスト、レオニード・パルフェノフによる歴史調査映画である。

 またTNT プレミアのビデオ・プラットフォームが開設され、動画が無料で見られる(ロシア語)。

 これでもまだ十分満足できないなら、ロシアとソ連映画100選の中にはどんな好みにも合う作品を見つけることができるだろう。

トルストイや他のロシアの偉大な作家の作品を読むのに絶好の機会

 長いクリスマス休暇に読む、誰もが満足する本のリストをまとめた。これはまだまだ時代遅れではなく、むしろその逆で、まさにこれこそが今、必要なロシアの最高の本を網羅して入る。

 現代作家の作品ではどのようなものがいいだろう?こちらは最近まとめられた2010年代のロシアの本10冊である。

ロシアの美術館を仮想訪問する 

 待ち時間なしにサンクトペテルブルクの素晴らしいエルミタージュ美術館に入ろう。ロシア最大の美術庫、モスクワのトレチャコフ美術館を無料で廻ろう。しかも好きな時間に。

 今は旅行さえすることが出来ないが、ロシア主要な美術館はすべてのコレクションをオンラインで公開しているのでわざわざ行く必要はない。

 さらに、多くの美術館はオンラインで興味深いプログラムを用意している。たとえば、現代美術館「ガレージ」では3月19日に即興音楽のアンサンブルのコンサートをオンラインで提供する。 

オンラインの講義や授業を受け、舞台を見る

 ソファに座ったままでマリインスキー劇場ボリショイ劇場を訪れる。これらの劇場はバレエやオペラを無料配信している。ロシアでは4月上旬まで大規模な文化イベントは中止されているため、公演そのものは行われていない。

 プーシキン美術館は無料の学習プロジェクトを開設した。このプロジェクトでは初心者、上級学生、そして子どもの3つのレベルが用意されている。すべての資料や講義は世界の芸術と文化をテーマにしたものとなっている。エルミタージュ美術館のオンライン・エンターテインメント・プロジェクト同様、ロシア語しかない。

 またオンラインのアルザマス・アカデミーも文化レクチャーやポドキャストの無料体験版をスタートした。こちらを開けて、コード「КАРАНТИН」を入力すればよい。ただし残念ながら、こちらもロシア語のみとなっている。

 ロシア語で見られる無料の授業はこのほかに、科学についてのさまざまな知識が得られるポストナウカ、ロシアの主要な大学の講義が見られるオープンエデュ、都市空間を変えたいという人のためのコースVector by Strelkaなどがある。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる