見なきゃ損する最近のロシアの歴史映画7作品

「ルジェフ」、2019年

「ルジェフ」、2019年

Igor Kopylov/«Triiks Media», 2019
 2019年、ロシアの映画製作者たちは、タランティーノスタイルの戦争アクション映画、ダークゴシックスリラー、ミケランジェロの伝記映画、そして(また)別の第一次世界大戦ドラマで観客を驚かせようとした。それらをすべてチェックすることをお勧めします!

1. 「9番目」2019年

 残酷な猟奇的連続殺人犯が、19世紀のサンクトペテルブルクの暗い通りで8人の若い女性を殺害した。将校のロストフは、霊感を持つイギリス人オリビア・リードの助けを借りて、ロシア版「切り裂きジャック」を止めようとする。オリビアは、自分が9番目の犠牲者になる可能性があると感じているため、これは生死に直結する問題だ。

 「19世紀後半のサンクトペテルブルクは別世界でした」と映画監督のニコライ・ホメリカは話す。「撮影中の主な仕事は、街の神秘性を示すことにありました。各ショットに神秘的な要素が必要でしたが、我々のカメラマンはタスクを完全に達成しました。」

 「9番目」は、ロシアの最も美しいこの都市が1世紀以上前にどのように見えたかを確認し、主人公たちがその素晴らしい場所だけでなく恐ろしい場所にいるのを目撃する絶好の機会だ。

2.「ルジェフ」、2019年

 ロシアで、ナチスドイツに対する大祖国戦争を描いた映画が公開されない年はない。今年の作品はこの「ルジェフ」であり、1942年冬の戦争において最も困難で疲弊した戦いに私たちを引きずり込む。この戦いは今日「ルジェフの肉挽き器」として知られている。

 赤軍は大きな損失を被ったが、それにもかかわらず、援軍が到着するまで何が何でもオヴシャンニコヴォ村を保持するように命じられたのだ。敵の数が圧倒的に多いため、この戦いが彼らにとって最後の戦いになるかもしれない…。

 「ルジェフ」は「非常に史実に忠実な真実の戦争映画」と宣言されている。また、この映画のクリエイターはハリウッドで最近人気のあるトレンドに屈せず、主要な役すべてに女性を起用することをしなかった。女性の登場人物は一人もいないのだ!

3. 「赤い悪魔」、2019年

 ソビエト連邦の崩壊とともに、息をのむような戦闘シーンを含む壮大な第二次世界大戦映画の時代も終わった。悲しいことに、多くの現代ロシアの戦争映画には、以前と同じような悲劇的なドラマはないのだ。代わりに、「スターリングラード」のようなメロドラマ、または「T-34」のような戦車のおとぎ話が大好きだ。ただし、この「赤い悪魔」を作る際、クリエイターはクエンティン・タランティーノ監督による「イングロリアス・バスターズ」に触発されたようだ。

 モスクワの戦いの間、ドイツ軍は「赤い悪魔」と呼ばれた実在しない赤軍兵士に恐怖を抱いていた。半分人間、半分幽霊のこの悪魔はどこからともなく現れ、敵部隊全体を壊滅させ、痕跡なしに消えていくのだ…。

4.「ロシアの若者」、 2019年

 第二次世界大戦とは異なり、第一次世界大戦はロシア映画で特に人気のあるテーマではない。ロシア人はこの戦争を思い出したがらないのだ。アレクサンドル・ゾロトゥキン監督によるデビュー作は、この不文律の例外だ。

 「ロシアの若者」は、ガス爆発により戦争の初期に盲目になった若者の物語だ。しかし、この悲劇によって彼の他の知覚は向上し、彼は「音を聞く」ように任命され、空襲に近づいていることを味方舞台に知らせた。

 「私たちの仕事は、歴史的な出来事を正確に復元することではありませんでした。第一次世界大戦のイメージを作り上げることに重点が置かれました。彼らの考え、感情、不安を見た人に知ってもらいたかったのです。この時代の人々は、20世紀の悲劇的な革命、戦争、大惨事をまだ経験してはいなかったのです」と監督は話す。

5.「罪」、2019年

 アンドレイ・コンチャロフスキー監督の新しいロシア・イタリア合作映画は、ミケランジェロ・ブオナローティの物語だ。有名な彫刻家で画家の彼を求めて争っている二つの強力な一族、メディチとデラ・ローヴェレの間の激しい陰謀の混沌の中に引きずり込まれた。さらに、ミケランジェロは彼自身の葛藤に苦しんでおり、自分の中にいる悪魔を克服しなければならなかった…。

 2019年7月、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、コンチャロフスキーがロシアで最も有名で才能のある監督の一人であると言って、教皇フランシスに映画のDVDを贈った。

6.「ワイルド・リーグ」、2019年

 この「ワイルド・リーグ」は(クリエイターが曰く)実際の出来事に基づいて、ロシアにおけるサッカーの誕生の物語を描いている。総合プロデューサーのイゴール・ドブロヴォルスキーは、ロシアのサッカー選手が「完璧なプレーを見せただけでなく、ロシアにサッカーを勇敢に返してくれた」ロシアで行われた2018年のワールドカップに触発されたと主張した

 20世紀初頭のロシア帝国を舞台に、はしけの漕ぎ手であるヴァルラムは国内初の庶民によるチームを組織した。しかし、サッカーは貴族のスポーツと見なされており、このエリートの世界に入るのは簡単なことではなかった…。

 多くのロシア人に愛されている、エイドリアン・“ハイランダー”・ポールの他、映画のキャストには、ロシア代表の主力選手であるアルチョム・ジュバ、アントン・ミランチュク、ロマン・ゾブニンも加わった。

7.「レフ・ヤシン 憧れのゴールキーパー」、2019年

 今年公開されたサッカーをテーマにしたもう一つの映画は、歴史上最も偉大な(と多くの人が信じている)ゴールキーパー、レフ・ヤシンについてのものだ。彼は150回ペナルティキックをセーブし、270以上の試合でクリーンシートを達成し、名誉あるバロンドール賞を獲得した唯一のゴールキーパーだ。

 映画自体、制作段階において難しい時期もあった。この作品を完成させるのに10年近くかかったのだ。撮影日はしばしば延期され、脚本も何度も書き直され、資金は常に不足していた。ウラジミール・プーチン大統領とロシア政府でさえ、製作を加速させようと介入した。このような状況により、「レフ・ヤシン」の公開は、ロシアワールドカップがロシアで行われた2018年とこのゴールキーパー生誕90周年の2019年10月22日の両方を逃してしまった。11月下旬になってようやく公開された。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる