誰もが観るべきソ連映画10選

Eldar Ryazanov/Mosfilm, 1976
 ご紹介するのはロシア人が理屈抜きで大好きで、クラシック映画の金字塔であると考えている作品。ロシアのことをもっと知りたければ、これらを見逃してはならない。

1.戦争と貞操

 若いカップルがデートでモスクワを散策している。2人はとても幸せでまもなく結婚を予定しているのだが、突然戦争が始まる。彼らは離れ離れになり、彼が徴兵されている間、彼女はモスクワに留まる。お互いを失いとても苦しむ2人。再び彼らは会うことは出来るのだろうか?

 カンヌ映画祭でパルムドール賞を獲得した唯一のソ連映画。才能豊かなミハイル・カラトーゾフ監督による、この上なく胸が張り裂ける戦時中の物語。

2.運命の皮肉

 ロシアの大晦日には欠かせない映画。毎年12月31日の夜に必ずテレビで放映される。37歳の独身男はまだ母親と住んでいる。彼は年末には友人たちとサウナに行き、酒を飲みながら過ぎゆく年に別れを告げるのを習慣としているのだが、この日彼は少し飲みすぎ、間違えて友人たちにレニングラード行きの飛行機に押し込まれる。モスクワでは恋人が大晦日を一緒に過ごそうと彼の帰りを待っていると言うのに。

 この映画はソ連映画界の大ヒットとなり、公開以来700万人が観た。素晴らしい演技、圧倒的なユーモア、有名な詩をベースにした耳から離れない音楽は人々を魅了した。さらに、この映画は当時のソ連の都市の画一性を茶化していた。典型的なソ連のマンションビル、家具さえも同じ、だから、人は見知らぬ他人の部屋で目を覚ましてもすぐには気が付かないというわけである。すべての場所、すべての物が同じように作られているから。

3.職場恋愛

 特に取柄もない平均的なオフィスワーカー(そしてとても反フェミニズム的)に捧げるロマンティック・コメディ。2人の子どものを育てる男やもめは、ある統計局で下級管理職として働いていた。物腰は柔らかいが、少しみすぼらしい男で、自分の人生はいずれいくらかは良くなるだろうと夢を見るばかりであった。突如1人の友達がずるいアイデアを提案してきた。自分の女性上司に遊び半分で言い寄って彼女の気を引けば昇進させてもらえると言うのだ。でも、恐ろしい女性の気を引くなんてどうすれば良いのだろうか。彼女はワークホリックでまったく魅力的ではないのに。しかし彼女はその内面の奥深くに女性らしさをまだ持っていて・・・。

 ソ連映画で最も興行収入が多かった映画の1つで、ソ連国家賞を得た。自身で脚本も書いたエルダール・リャザノフ監督のもう1つの成功作。

4.ストーカー

 ストルガツキー兄弟の小説、「路傍のピクニック」を原作としたSF映画。ストーカーはゾーンと言われる超常現象に支配されている危険な場所に人々を不法に案内する。このゾーンにはどんな夢も実現すると言う秘密の部屋がある。彼の「顧客」は、大学教授や小説家で、この部屋に入れば行き詰っている自分の創造性に新しい力が加わることを願っているのだ。しかし、彼らの精神力が弱すぎて超常的な力に抵抗できなかったとしたら?あるいは彼らの内の1人が別の秘密の目的をこの冒険に持っていたとしたら・・・?

 アンドレイ・タルコフスキー監督の傑作の1つで、さまざまな種類のこれまでの「最高中の最高」の映画のリストによく登場する。カンヌ映画祭では、エキュメニカル審査員賞を受賞した。

5.モスクワは涙を信じない

 もう1つの反フェミニズム的映画で、すべての女性の幸福は家族であり、たとえ仕事では大幹部であっても家族がなければ女性の人生は成功したとは言えないということが描かれている。ある地方出身の若い女性がモスクワに働きながら学ぶためにやって来た。あまり出しゃばりでなく、注意深い彼女が、行動的な友人に引きずられて大勢の男性がいるパーティーに参加し酒を飲む。モスクワ出身のプレイボーイに誘惑され、彼女は妊娠してしまう。彼は結婚も子どもも望んでいなかった。絶望の淵に突き落とされた彼女だったが、最終的には力強くなり、仕事で大成功を収める。何年か経った後に、彼と再会した彼女には何が起こるのか?

 1981年にこの映画はアカデミー国際長編映画賞を受賞。ロナルド・レーガン大統領がミハイル・ゴルバチョフと会う前に、もっとロシア人の事を知るためにこの映画を見たと言う伝説があるが、それはうまく行かなかったようだ。でも、あなたにはきっと役立つだろう。

6.黒い耳の白い犬

 ハチ公を見てすべての涙を流したのなら、2ダースのハンカチとティッシュを用意して観るべき作品。この映画を見れば胸が張り裂ける。生まれつき普通ではない色をしたゴードン・セッター犬は、黒い耳に白い体だ。それほど若くない男がこのビムを引き取って、狩りに連れて行った。ビムは新しい主人が大好きでとっても良くなついた。しかしある日、主人が病院に行き、ビムは彼を探しに走り出す。

 この映画は、1979年のアカデミー賞にノミネートされた。悲しい悲哀、樺の木とソ連後期の美学―これらすべてが時代を超えてもっとも人気のある映画の1つにした。

7.Gypsies Are Found Near Heaven (別名:Queen of the Gypsies) 

 パッションあふれるミュージカルドラマ。若い2人の自立心旺盛なジプシーがお互い恋に落ちるが、2人とも自由を失いたくなかったので結婚しようとはしなかった。彼は馬泥棒で警察と問題を起こしており、さらに恋人のいるジプシーキャンプともいざこざがあった。このロメオとジュリエットはどうすれば一緒にいられるのだろうか・・・?

 この映画は、マキシム・ゴーリキーの短編小説を下敷きにしており、それもゴーリキーがカフカス地方を旅した時に聞き及んだ伝承に基づいている。モスクワ・ロマ劇場のジプシー俳優が出演しており、彼らの感動的な音楽と歌を今でも聞くことが出来る。(そして6,400万人のソ連市民もかつて鑑賞しとても気に入った)。

8.犬の心臓

 ある医学教授が勇敢な実験を行っていた。それは野良犬に人間の脳を移植するというものであった。(これで犬は動物収容所に囚われて死ぬことから救われるのである)。そしてその犬は本当に人間として再生する―これは、新ソ連国家における労働者階級をもじったものである。そして人間の脳を持ってはいるが、心は犬のままなのである。教授はこの犬をどうしようというのか?

 この皮肉たっぷりの映画は下敷きとなった小説―ブルガーコフの同名の短編よりも人気が出た。この映画のセリフは全国に常套句として広まった。そしてソ連時代に発禁となっていた原作が何年もの後に解禁となった時に起きた現象と同じことが爆発的に起こった。そしてペレストロイカの時代には初期のソ連時代をからかうことはあまりなかったので、とても痛快だったのである。

9.戦争と平和

 1805年、ロシアはナポレオン率いるフランスとの戦争の渦中にあった。その恐ろしさは上流階級の間でも大きな話題だった。大人たちが来るべき事態への備えをする一方、若者は若者らしく、恋に落ちたり、夢を見たり、賭け事をし、そしてただ生きようとしていてたのだ。この映画では、戦争の時代のいくつかの家族の物語と息をのむような戦闘場面を描いている。果たして登場人物のうちの何人が最後まで生き残るのであろうか?

 この映画は、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最高の外国映画に与えられる賞を獲得した。疑いなくこの映画は、トルストイの名作を映画化した中でも最高傑作であり、ソ連映画史上の中でも最大のスケールを誇る大作である。

10.イワン・ワシリエヴィチ、転職する 

 ある若い科学者がタイムマシンを発明する方法を思いつく。誰もこの科学者の言うことを信じなかったが、それがある日突然成功する。ところが間違って、彼の隣人と別の隣人の家を「物色」していたコソ泥とが一緒にイワン雷帝の時代に送られてしまった。そして同時に、逆に本物のイワン雷帝がソ連時代に移動してくる・・・。(そして今のモスクワで眼にするものを大いに気に入ったのだった)。さて、彼は自分の時代に戻れるのだろうか?

 この映画はブルガーコフのあまり知られていない戯曲を基にしたもの。映画は1973年にソ連で最高の興行収入をあげ、今でも何百万人ものロシア人を笑わせている。 

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる