シリア和平案を国連安保理が承認

ロイター通信
 「国際シリア支援グループ」の参加国はニューヨークで18日、シリア情勢解決の原則を決めた。その後、5時間の議論の後、決議案は国連安保理に全会一致で承認された。

ニューヨークで何が話し合われたのか

 国連安保理シリア決議案。議長国はアメリカ。関係国は先に、オーストリア・ウィーンでシリア情勢の解決に向けた「ロードマップ」を作成。その会合で決定した内容の確認を求めるのがこの決議案であった。

 アメリカのジョン・ケリー国務長官は15日にロシア・モスクワを訪問した際、決議案について協議していた。ケリー国務長官はこの時、アメリカとそのパートナーが現時点でシリアのバシャール・アサド大統領の政権を交代させようとはしていないとの、予期せぬ発言を行った。アメリカはここ数年、アサド大統領の退陣を強く求めてきた。だがその後、ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、アメリカ政府の方針はあくまでもアサド大統領の退陣であり、それは以前と変わっていないと述べた。

 

何について合意できたのか

 国際シリア支援グループの参加国はニューヨークで、先に決定されたシリア政府と反体制派による国家統一政府樹立についての半年以内の合意を確認した。シリアでは1年半以内に、それまでに作成される新憲法による選挙が行われなければならない。

 シリア政府と反体制派の協議は、国連の保護のもと、来年1月に始まる。連立政権の樹立が合意され次第、両者は軍事行動を停止する。

 

未解決の問題は何か

 両者は今のところ、シリアに現在いるテロ集団のリストについて合意できていない。ヨルダンは、11月14日のウィーン会議で決定された通り、テロ集団のリストを作成した。ここには、報道によると、160の組織が記載されている。しかしながら、このリストには全員の合意が得られていない。今のところ、誰もがテロリストだと考えているのは、「イスラム国(IS)」と「アル・ヌスラ戦線」の戦闘員のみ。

 シリア政府との協議に出席する反体制派の代表を誰にするかも、はっきりしていない。このリストも合意されていない。

 アサド氏の政治的な今後という、より喫緊の問題も合意されていない。ケリー国務長官は、「国際社会には、アサド大統領の今後などについて、障害や意見の激しい対立が残っている」と述べている。一方で、安保理の採択された決議には、「シリア国民が(自国の)未来を決定する」と記されている。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、「これは、自国の大統領の運命といった問題の解決策を外国がシリア国民に押し付けようとしていることに対する、はっきりとした答え」だと述べた。

 

ロシアの立場とは

 ウラジーミル・プーチン大統領は17日の自身の大記者会見で、アメリカによって作成された決議案にロシア政府は納得していると話した。「シリア政府は決議案を読んで納得すると思う。どこか気に入らない箇所はでてくるかもしれないが。何年も続く紛争、流血の紛争を解決しようとする時は、歩み寄りが可能だが、譲歩は両当事者から行われなければならないためだ」とプーチン大統領。

 ロシアにとって、政治的解決以外に、シリア問題で重要となるのは、他の側面すなわちテロとの闘いで総力を結集させることである。ラブロフ外相は決議案を評価しながら、安保理の投票が「シリア政府軍、クルド民兵、シリアの愛国的な反体制派武装勢力を含む、地球上でテロと戦っているすべての人を軸としながら、国連憲章に基礎を置いて幅広い反テロ戦線を結成していく道筋を開くものになるべき」だと述べた。シリアでのロシア軍の作戦は、この戦いに寄与すると話した。

 

ニューヨークの会合にどこが参加したのか

 会合には、ロシア、アメリカ、国連、フランス、イギリス、ドイツ、ヨルダン、サウジアラビア、トルコ、イラン、また欧州連合(EU)、アラブ連盟、イスラム協力機構の代表が参加した。

 

シリア支援グループの次回会合はいつ開催されるか

 ラブロフ外相によると、グループのメンバーは1月に集まる予定だという。シリア国内協議の反体制派の代表メンバーも、その時までにははっきりする見込み。