露国防省 シリアの病院空爆を否定

アレクサンドル・ヴィルフ撮影/ロシア通信
 ロシア国防省は、シリアの病院を空爆したとの非難に反駁した。同省は、ロシアの飛行機が病院を攻撃しなかったことを証明するものと軍人らが主張する航空写真撮影データを、提示した。先に、アメリカ国務省は、病院がシリアにおけるロシアの攻撃の目標となった、と声明していた。

 ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、11月2日、同省での定例のブリーフィングで、ロシアの飛行機によるシリアの病院への空爆に関する報道を巡る状況をコメントした。同氏によれば、一週間前、シリアの6都市の病院への空爆に関する報道がメディアに現れたが、検証後、病院はそのうちの一都市すなわちサルミン(シリア北西部の町)にのみ存在することが明らかとなった。

 コナシェンコフ氏は、オープンな情報源から得られた2014年のサルミンの病院の建設の画像および2015年10月31日にロシア空軍によって撮影されたその地区の写真を、提示した。同氏は、とくにロシアのパイロットらによって撮影された写真においても病院の建設に関するビデオのスクリーンショットにおいてもはっきり見えるドーム形の建物に注意を向け、こう述べた。

 「ご覧ください、(病院の)建物は、まったく無傷です…。これは、2015年10月31日のロシア側による撮影のデータです。ご覧のとおり、みんな、2014年に存在していた特徴的な建物そして施設であり、それらは、ついおととい撮影された画像に映っています」

 

SAMSの病院

 ロシア空軍がサルミンの病院をミサイルで攻撃したとの情報は、10月21日、シリア人権監視団(SOHR)の情報としてメディアに現れた。それによると、その日、病院の従業員2人を含む13人が攻撃の犠牲となった。病院を運営している在米の「シリア・アメリカ医療協会」(SAMS)は、空襲の事実を認めた。10月22日に同協会のサイトに掲載されたプレスリリースでは、病院の従業員2人と民間人10人の命を奪った「ロシアによる空爆」について述べられ、そこには、数枚の写真が添えられていた。

 ロシア国防省の報道官は、ブリーフィングで、SAMSのサイトに掲載された写真の信憑性に疑問を呈した。記事が公表される時点で、SAMSは、ロシア国防省の声明をコメントしてほしいとの本紙の要請に応じなかった。

 

SOHRからの情報

 10月29日、アメリカ国務省のジョン・キルビー報道官は、ロシア空軍がサルミンの病院を攻撃した、と声明した。同氏は、情報源としてメディアのルポと複数のシリアの社会団体からの情報を挙げたが、何らかの攻撃の証拠を提示できるかとの問いに、作戦および偵察の情報を明かすわけにはいかない、と答えた。

 ロシア外務省は、10月22日、病院への攻撃に関する報道をコメントした。同省のマリヤ・ザハロワ公式報道官は、病院への空襲に関する情報を最初に発信したSOHRを非難した。同氏は、とくにSOHRがロンドンに拠点を置いている点を指摘し、こう述べた。「ロンドンから、現地へ赴かず現場で取材する可能性を有することなしに、シリアで起きていることを伝えるのは、とても好都合でしょうね」

 同氏によれば、ロシア外務省は、再三にわたりSOHRの活動へ注意を向けたものの、SOHRによる多くの報道が否認されたにもかかわらず、「多くのメディアにとって、この組織は、信頼できる確かな情報源となっている」

 

たった一人…

 本紙の取材に応じた専門家らも、SOHRの客観性およびこの組織が提供する情報の信憑性を疑問に付した。軍事専門家で雑誌「アルセナール・オチェーチェストヴァ(祖国の兵器廠)」編集長のヴィクトル・ムラホフスキイ氏は、SOHRを動かしているのが「元の小売店主」たった一人である点を本紙記者に強調した。先に、メディアは、シリアで内戦が勃発して以来、自国民に対するバッシャール・アサド大統領の体制の残虐行為に関する情報の主なソースの一つとなっているSOHRでは、ラミ・アブドゥルラフマンというたった一人の人物が活動している、ということを再三にわたり報じていた。15年前にシリアからイギリスへ移住したこの人物は、コヴェントリーの自宅からSOHRを指揮するかたわら、衣料品店を経営している。

もっと読む:

ロシアのシリア空爆

 アラブの専門家でジャーナリストのアンドレイ・オリツキイ氏は、SOHRの情報データは偏っておりしばしば信用できないので、SOHRの活動は情報戦争のエレメントになっている、と考えている。専門家らも、他国の高官らが述べたロシア航空宇宙軍によるシリアの民間施設への攻撃に関する声明が何らかの証拠の提示を伴っていない点に注意を向けた。たとえば、何らかの衛星写真も公表されておらず、すべては「謂われなき非難」のレベルに留まっている。

 先に、赤十字の幹部の一人は、赤十字はシリアの病院へのロシア空軍による攻撃に関する情報を有していない、と声明した。