ロシア版「仮面の男」:なぜロイヤル・ベビーは死ぬために牢獄へ送られたのか?

イヴァン6世の遺骸の前に立ち尽くすミローヴィチ。イワン・ツヴォロジニコフ、1884年。

イヴァン6世の遺骸の前に立ち尽くすミローヴィチ。イワン・ツヴォロジニコフ、1884年。

最年少のロシア皇帝だったイワン6世は、その忘れ去られた人生の大半を、じめじめした牢獄の独房で過ごした。彼の本名や正体は看守さえ知らなかったのである。

 イワン6世の人生の物語は、デュマの小説に出てくる「仮面の男」と同じくらい悲劇的だ。イワン6世は、実際には鉄仮面を着けてはいなかったが、この小さな少年は、ロシア宮廷内の陰謀の犠牲者となり、人生のほとんどを牢獄で暮らし、さらに、アイデンティティを奪われるという屈辱を受けたのである。

 この物語は1741年11月25日、サンクト・ペテルブルクの冬宮で始まる。最年少のロシア皇帝の治世がわずか一年で突然に終わったのは、ピョートル大帝の娘エリザヴェータが、近衛兵らを引き連れて、イワンの両親の寝室へ入ってきたときのことだ。

イワン6世と母親のアンナ・レオポルドヴナ

 「起きる時間よ!」と、エリザヴェータはイワンの母親で摂政であるアンナに大きな声で言った。それと同時に、ピョートルの娘に忠実な近衛兵らが、幼いイワンとその父アントン・ウルリヒを拘束するために送りこまれてきたのである。

 エリザヴェータは、近衛兵たちに、幼い皇帝を怖がらるなと命じていたので、彼らは、この一歳の男の子が目を開けて、兵士たちを見て泣き出すまで、揺りかごのそばで一時間待ったのである。

イワン6世の拘束(1850年代の画像)。

 「小さなイワン、あなたには何の罪もないわ!」イワンが連れてこられたときにエリザヴェータはそう言った。兵士たちは、イワンの生後四カ月の妹エカテリーナにはあまり注意を払っていなかった。彼らはエカテリーナを床に落としてしまい、この女の子は、そのせいで聴力を失ってしまった。

 エリザヴェータはこの少年を冬宮の自分の膝元に残しはしたが、ロシア帝国の帝位継承権を持つ唯一の人物である、この厄介な子供をどうすればよいのか分からなかったのである。

 

クーデターの時代

 ロシアの18世紀は、「宮廷クーデターの時代」と呼ばれている。ピョートル大帝が権力の座についたのは17世紀末、立て続けに起きた激しいクーデターが終わり、ピョートルと異母兄のイワン5世が共同統治者となり、その後、1696年にイワンが亡くなってからのことである。

 ピョートル大帝の長男アレクセイは国を統治する能力に欠けていたため、ピョートルは、皇位継承法を変更した。これ以降、皇帝がみずからの意志で後継者を指名することになったのである。

 最初に大きな危機が生じたのは1730年のことだ。ピョートル2世(ピョートル大帝の孫)が後継者を指名しないまま亡くなってしまったのである。宮廷内の激しい権力闘争の末、ドミトリー・ゴリツィン公が率いる一派が、ピョートル大帝の異母兄であるイワン5世の子孫が皇位を継ぐべきだと決定したのである。それは、イワン5世の娘アンナが次の皇帝となることを意味した。同時に、ピョートル大帝の娘エリザヴェータは宮廷を去った。アンナは1730年に女帝となると、ただちに後継者選びに着手した。

子供の手による統治

アンナ・イヴァノヴナの肖像。

 アンナ女帝は、ピョートル大帝の親族全員を嫌っていた。彼女は、ピョートルが自分の父親から不当に権力を奪ったと信じていたのである。1730年当時、アンナはすでに37歳で、妊娠することは不可能だと思えた。そこで、彼女は姪のアンナ・レオポルドヴナから後継者を「生みだす」ことにしたのである。1739年、アンナは姪をアントン・ウルリヒ・ブラウンシュヴァイク公と結婚させた。1740年、アンナ女帝が亡くなる一カ月半前にイワン6世が生まれた。この男児は、後継者が存在することを証明するために、宮廷と国民にお披露目された。若きミハイル・ロモノーソフは、彼に捧げる頌詩を執筆した。この少年は国家の責任を担うには幼すぎたため、両親が摂政となった。

アントン・ウルリヒ・ブラウンシュヴァイク公の肖像。

 当初、ブラウンシュヴァイク家は、この子を宮廷の争い事から守ろうとしたが、それは容易ではなかった。例えば、フランス大使マルキ・ド・シュタルディは、自分がフランス国王の親書を読みあげている間、イワン6世が玉座にいることを要求した。そのため、幼いイヴァンは、宮廷の手続きの間ずっと、無邪気に遊んだり、騒いだりしながら玉座にいなければならなかったのである。

イワン6世

 その間に、ロシア帝国の権力は、しだいにドイツ人らの手に渡っていった。これほどの広大な国を統治する経験のないブラウンシュヴァイク家のバックでは、力をもつオステルマン伯爵が実権を握っていた。しかし、これは長くは続かなかった。1741年のクーデターの後、権力は、皇室一族のピョートル大帝の血統へと戻ったのである。

誰も彼の名を口にしようとしない

エカテリーナ2世、1766年。

 エリザヴェータ女帝は、自身の統治が好調に始まることを望んでいた。したがって、当初彼女は、ブラウンシュヴァイク一家をヨーロッパに追放しようとしか考えていなかった。しかし、彼女の廷臣たちはすぐさま、正当な後継者が悪事を企む者の武器となり、新たなクーデターを起こしかねないと説得したのである。こうして、ブラウンシュヴァイク一家はロシア国内に置いておくことにしたのである。彼らは、アルハンゲリスク県の北部にあるホルモゴールイ村で監視下におかれることになった。

 ハリー・ポッターのように、イワンの名前を口にすることは禁じられていた。イワンの姿が描かれた書物や硬貨はすべて、ロモノーソフが書いた頌詩までもが探し出されて粉砕された。1745年まで、こうした物を所持することは、国家反逆罪となった公的な手続き上でも、イワンに関する書類は「特定文書」と呼ばれていた。

 ホルモゴールイでは、両親も子供たちも周囲から隔離された家に蟄居させられ、イワンは同じ建物の別の場所に監禁されていたが、家族はこのことを知らなかった。1746年に、アンナ・レオポルドヴナが死去した。彼女は、皇室の一員として、サンクト・ペテルブルクで葬儀が行われ埋葬された。

最厳重警戒の刑務所

シュリュッセルブルグ牢獄

 1756年に、イワンは最も警戒の厳重なシュリュッセルブルグ牢獄に移された。彼はそこで「特定囚人」と呼ばれ、看守らも彼と言葉を交わすことは禁じられていた。

 イワンについては、もうひとつ厳しい命令があった。脱走しようとした場合や、釈放を要求してきた場合には、看守はこの少年をただちに殺害せよというものだ。これは、ロシアの国家元首によって釈放が命じられた場合でも実行されることになっていた。基本的にイワンは死刑判決のもとで生きていたのである。

 後に、看守らは、この囚人が「自分には邪悪な魔術がかけられていると嘆いて」、絶えず不安がり、ほんのわずかな物音でも、睡眠中に跳び起きていたと報告している。

 哀れな皇位後継者はまた、修道院に入ることを夢見ていた。どうやら、看守たちはこの囚人とコミュニケーションを取っていたようである。それは、この少年が生涯を拘束されて過ごしていたという、疑う余地なく悲しい理由のためだ。この16歳の少年は、何をするにも助けが必要だった。その精神状態は健康ではなかった。

狂気に落ちる

 1762年に、エカテリーナ2世は、独房のイワンを訪ね、彼が少し気が変になっているのを目にした。しかし、彼女は彼の過酷な運命を軽減することはしなかった。なぜなら、彼はエカテリーナ2世よりも皇位に就く権利を有しており、そのために、彼女にとっては脅威だったからだ。

 この悲しく複雑な物語の終わりは、1764年に突然に訪れた。ヴァシリー・ミロヴィチ中尉がイワンをなんとかして釈放しようとしたのだ。当初から命じられていたように、イワンはすぐさま殺害され、その後、シュリュッセルブルグのどこかに埋葬された。2010年に、ホルモゴールイで発見された遺骸がイワンであるという報告は、ロシア科学アカデミー考古学研究所によって完全に否定された。

 いまだに未解決となっている問いがある。この不運な皇位継承者を釈放し、それによって抹殺しようとしたミロヴィチの陰謀にエカテリーナ2世が共謀したのかどうかということだ。イワンは、全権力を掌握するこの女帝が恐れる数少ない人の一人だったのである。

エカテリーナ2世について調べる、または、殺害された他の皇帝たちの運命について知ることもできます。もうロシア皇室には飽きたというのなら、モスクワのフクロウカフェを訪れてみてください。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: