東方正教の10の事実

A man dressed as Ded Moroz (Old man Frost or Grandfather Frost), the Russian equivalent of Santa Claus, walks while selecting the best snowman during the festive pre-holiday competition 'Parade of Snowmen' at the Royev Ruchey Flora and Fauna Park on the suburbs of the Siberian city of Krasnoyarsk, Russia

A man dressed as Ded Moroz (Old man Frost or Grandfather Frost), the Russian equivalent of Santa Claus, walks while selecting the best snowman during the festive pre-holiday competition 'Parade of Snowmen' at the Royev Ruchey Flora and Fauna Park on the suburbs of the Siberian city of Krasnoyarsk, Russia

Reuters
 ​「全ロシア世論研究センター」の全国調査によると、ロシア人の75%が自分を正教徒としている。正教の信者にとって最も重要な祝日の一つが、1月7日の降誕祭(クリスマス)。これを機会に、ロシアNOWが選んだ正教の10の事実をご紹介する。

正教とは何か

 正教とは、キリストの誕生から1000年間でローマ帝国東部において形づくられた、キリスト教の教派。主な定理は、「唯一の神」への信仰告白を通じた救い、三位一体、すなわち、父なる神、子なる神、聖神(聖霊)の同本質、またからだの復活、昇天、イエス・キリストの再臨、普遍的な復活、「来る世紀の生活」への信仰である。

正教徒の規模は

 正教は、バルカン諸国の人々、ギリシャ人、ブルガリア人、セルビア人、モンテネグロ人、マケドニア人、ルーマニア人、アルバニア人の一部、東ヨーロッパの東スラブ民族、グルジア人、ガガウズ人、アブハズ人、オセット人、モルドバ人、およびロシア人、ロシア連邦のその他民族の間で信仰されている。

 正教徒の正確な人数は明らかではない。多くの国が調査していないため。専門家の試算によると、正教の信徒は2億6000万~3億人ほどいる。

中心的な存在

 ナザレのイエスは人々の罪を贖ったメシアと考えられている。宗教学者や神学者は、イエスは歴史で実在し、神話ではないという観点を持っている。キリストの誕生は西暦紀元である。

主要な正教の祝日

 ロジュデストヴォ・フリストヴォ(クリスマスすなわち降誕祭)とパスハ(イースターすなわち復活祭)。

 クリスマスの饗宴は、イエス・キリストの誕生を記念するもの。キリスト教徒は、ベツレヘムで神の御子が世界に出現するという、驚きのできごとがこの日に起こったと信じている。イエス・キリストは超自然的に生神女マリヤから誕生した。

 復活祭の日、全人類がキリストを通じて悪魔の奴隷から解放されたこと、生という贈り物、永遠の至福に信者が歓喜する。正教徒は、キリストの死によって人類の罪が贖われ、キリストの復活によって永遠の命が与えられたと信じている。

正教のクリスマスはいつ

 正教の祝日はカトリックの祝日とは異なる。これは各国のキリスト教会で使われている暦に関連している。このような暦には、グレゴリオ暦、ユリウス暦、修正ユリウス暦の3種類がある。カトリック教会や現代の全世界がグレゴリオ暦を使っている一方で、正教会はより古いシステムを使っている。ロシア正教会、エルサレム正教会、グルジア正教会、セルビア正教会、アトス山はユリウス暦。ギリシャ正教会、ルーマニア正教会は修正ユリウス暦。

 そのため、正教の国々では、カトリックの2週間後の1月7日にクリスマスを祝う。

斎期

 正教では斎期の実践が発展している。これは特定種の飲食物を一時的に摂取しない伝統。伝統的な正教のユリウス暦では、年によって斎期が200日に達することもある。これらは正教の祝日に向けられているもので、数日間続くものと、1日だけのものがある。

教会と丸屋根

 正教会の主な外観の特徴は、タマネギやヘルメットのような形の丸屋根。ヘルメット型は、正教会が悪や闇の力に対抗する宗教的な闘いの象徴。タマネギ型は、「あなたは世界への光」を意味するロウソクの炎の象徴。

正教会の聖職位

 聖職位には、主教、司祭、輔祭の3位ある。現代の正教では、男性のみが聖職者になれる。正教には白僧と黒僧がいる。黒僧とは修道士で、自分の人生を完全に神にささげ、貞節、従順、廉潔を誓う。

正教の教え

 正教の教えは聖書。正教法規である聖書は、キリストの到来前にあった古代ヘブライ語法規の旧約聖書にもとづいている。聖書の重要かつ主要な部分はキリストの教え、福音書である。

正教のシンボル

 主要なシンボルはキリストはりつけの図像のある十字架で、彫刻や浮き彫りが一般的である。イエス・キリストがはりつけられている十字架はキリスト教の主要なシンボル。これはキリスト教のどの教会にも必ずあり、また信者が身につけている。十字架のシンボルの原型は、キリストがはりつけられた十字架。

 教会では聖書の場面や聖人の物語の図像が使われる。これらはイコンと呼ばれている。

 もっと読む:正教会の鐘楼守という仕事>>>