釣り、トラ、タイガ:プーチンはどこで何をして休暇を取っているか(写真特集)

Kremlin.ru
 ロシアの大統領が休暇をとるときはいつでも、その場所が常にロシアであり、そしておそらく、自然あふれるタイガであることは疑うべくもない。

 「自分自身を使って、ほとんどの国民がおそらく存在することすら知らない場所を普及させることは、もちろん大統領の使命です」と、ウラジミール・プーチンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフが、2019年プーチンがなぜ常にロシアで休暇を過ごすか聞かれたときに答えた

 プーチン大統領は他の公務員と同様に30日間の休日を取っているが、長い休暇を取ることはめったにない。プーチン大統領の休暇は普通短期で、数日であることが多い。大統領が狩りをした場所、彼が飲んだもの、食べたもの、松かさを集めた場所、彼が招待した人など、ロシアのリーダーが休暇に使う主要な場所について話してみよう。

トゥヴァ共和国、タイガ

 馬に乗った裸の胴体を使ったこの有名なプーチンの写真を覚えていますか?

トゥヴァ共和国で馬に乗っているプーチン大統領

 このように登場することは「国家元首としてはかなり珍しい」と、オーストリアのジャーナリストのアーミン・ウルフは後にプーチンとのインタビューで結論づけた。プーチンはそのことにこう答えた。「あなたは「半裸」と言いましたが、 「裸」ではなく、神に感謝しているのです。私が休んでいるとき、茂みの後ろに隠れることは必要ではないし、これについて恥ずかしいとは思いません」。

プーチン大統領がクラスノヤルスク地方で釣りをしている

 この写真は、2009年8月、トゥヴァ共和国(モスクワから東に3,717 キロメートル離れたモンゴルとの国境から遠くない地)での休暇中に撮影された。この場所は全ての点でロシア大統領のお気に入りの休暇スポットだ。いった回数から考えて、トゥヴァのタイガは否定できないトップ候補だ。ここへ行った最初の知られている旅行の一つは、2007年にモナコのアルバート2世王子を連れて行った時だ。その時、プーチンはエニセイ川の急流でボートに乗って約50キロメートル進み、釣りをした。

 2009年、この川での伝統的なラフティングと共に行われたのは、同じ場所の上流での乗馬旅行だった。旅行中にキャンプ場で出会ったのが、地元の羊飼いの馬だった。 2013年には再びトゥヴァで釣りを楽しんだ。その時に、プーチン大統領は記録的な21 キログラムのカワカマスを釣り上げた。

トゥヴァ共和国で休暇中

 しかし、大統領の最も有名な釣りは2017年8月のことだ。この時は、水中でカワカマスを追ったもので、GoProカメラがプーチン大統領の頭に取り付けられたことにより、誰もがこの一人称視点での映像を見ることができた。この映像はメディアによって広く放送された。クレムリンによると、大統領は魚を数時間追い続けた。

 ほとんどの場合、これらの旅行は一か所にとどまるのではない。シベリアのタイガは巨大なのである。しかし、そのうちの少なくとも一つは知られている。「ヘムチク川があります。これは、エニセイ川上流の最大の支流で、また地元の人々にはウルグヘムの名前で知られています。ヘムチク川の岸だけでなく、トゥヴァ全体が、忘れられない休暇をもたらすことをすべての人に証明しています」とプーチンは語った。この巨大なカワカマスがここで釣りあげられた。

プーチン大統領とセルゲイ・ショイグ国防相がトゥヴァにて

 2018年、プーチン大統領が再びトゥヴァに到着したとき、セルゲイ・ショイグ国防相とFSB(ロシア連邦保安庁)長官のアレクサンダー・ボルトニコフが一緒に来て、キノコ狩りとシャシリクを作りと静かな散歩だけを行った。 2019年の秋に、プーチン大統領は再びトゥヴァに戻ったが、その時はショイグと二人だけだった。

ソチ

クラスナヤ・ポリャナスキー場にて

 スキーは、プーチンのウィンタースポーツのお気に入りだ。 「これはダイナミックで技術的なスポーツであり、休息することもでき、体力を維持することのできるアクティブな絶好の機会です」と彼は話した。彼はソチでスキーをするのが好きだ。2014年の冬季オリンピックが開催される前でさえ、プーチン大統領は2000年代に何度もそこに行っていた。彼は新しいゲレンデを試し、アスリートやリゾートの管理者に会った。

 クラスナヤ・ポリャナの人気が高まると、これはある意味で問題になった。プーチンが訪問しているときに、このリゾートのインフラストラクチャが一般人に閉鎖されることがあってはならないので、大統領はアイブガ山のゲレンデからフリーライドをしなければならないのだ。

アブザコヴォ、ウラル

アブザコヴォスキー場にて

 冬のレクリエーションをする別の場所は、アブザコヴォの山のバシキリヤ村だ。このリゾートは「ウラルで最高のスキーリゾート」、「ロシアで最も手頃なスキーリゾート」という称号を獲得している。全長18 キロメートルの15のゲレンデが存在する。プーチン大統領は、2000年の最初の大統領選挙の直後にアブザコヴォを最初に訪れた。その後、彼は2003年まで毎年ここに来ていた。

ヴォルガ、アストラハン地域

ヴォルガで釣りをしているドミトリー・メドベージェフ大統領とプーチン首相、2011年8月16日

 「本当に、私個人の評価では、ムルマンスク州とアストラハン州のヴォルガ川のデルタは、世界で最高の釣り場だ」とプーチンはかつて語った

 プーチン大統領は2011年にドミトリー・メドベージェフを伴ってヴォルガを訪れた(このときメドヴェージェフは大統領を務め、プーチンは首相を務めていた)。川の土手に沿って歩き、彼らは最初に魚を釣りに行き、次にウェットスーツで写真撮影に行った。釣りの後、彼らはボートで川に沿って移動した。プーチンとメドヴェージェフの両方がボートの免許を持っていることがわかる。

イリメニ湖、リプノ島

プーチン大統領とイリメニ湖の漁師の対談

 メドヴェージェフを連れた別の旅行では、2016年9月にノヴゴロド州[モスクワから473 キロメートル]にあるイリメニ湖で行われた。プーチンは島を調べ、ボートに乗り、古い教会に行き、地元の漁師とウハ(魚のスープ)を食べた。プーチンはスープが何でできているのかと尋ねると、彼はそれがスズキ目の淡水魚で作られていると言われた。 「魚は一枚も入っていなかった」とプーチンは言った。「しかしおいしかった」。

ハカス共和国、タイガ

 大統領は2018年にドゥシャンベでのCIS諸国(独立国家共同体)の首脳会議の後ハカス共和国に行き、そこで運転をした。彼はたった一日だけタイガで運転した。その直後、彼はソチへ大統領専用機で行った。

ロシアの禁猟区

 多くの場合、プーチン大統領は野外でのレクリエーションと野生動物とのコミュニケーションを組み合わせている。 2008年8月、彼はロシア科学アカデミー極東支部の保護区に飛行機で行き、そこでアムールトラを研究し、保護活動に携わった。そこで彼は5歳の獰猛なメスのトラが閉じ込められた場所に行った。彼はそのトラにGPSが付けられた特別な首輪をつけた。

トラにGPSの首輪をつけているプーチン大統領、2008年8月31日

 2010年8月、彼はクロノツキー保護区の専門家と一緒にカムチャツカに飛行機で行った。プーチンは海に行き、そこでクジラの組織の分析を行った(このため、私は石弓でクジラを撃たなければならず、4度目にやっと成功した)。

 2016年10月、彼は、モウコノウマが保護されている「オレンブルグスキー」保護区を訪れた。この旅行でのハイライトは、大統領の四輪自転車の取り扱いであり、馬の群れが彼を追いかけた。

 「とても優雅で力強い動物だ。堂々としている。染色体の違いがある。国内の馬には64個の染色体があるが、この種には66個ある。これは異なる動物だ」、と彼は記者団に語った。 「この種は、地球上でほとんど姿を消してしまったのだ。」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる