プーチンが大統領になる前の様子(写真特集)

Sergey Subbotin/Sputnik
 影響力があり厳粛な雰囲気のプーチン大統領がカラフルなスポーツウェアを着ている姿を想像できるだろうか。この記事では、オフィシャルなドレスコードが彼の人生において重要になる前のプーチンの写真を集めた。

 明るい色のスポーツウェア、革のコート、大きな腕時計、そしてつばの広い帽子。未来の大統領がその最も重要な職に就くまでは他の同胞たちと何も変わらなかった。

 約50年前、若い頃のプーチンは少しヒップスターらしい格好をしていた。 1970年、彼は化学の専門学校を卒業し、パーティーに参加した。その時に、レニングラードのアパートの1つでクラスメートのエレナと踊った彼は、写真を撮った。

 1980年、彼は将来の妻である客室乗務員リュドミラに出会い、3年後に彼女にプロポーズした。それまでに彼は法学部を卒業し、KGBに就職して、友人と一緒にダーチャで自由時間を過ごした。

知り合いのダーチャで遊んでいるウラジーミル・プーチン
若いウラジーミル・プーチンと妻リュドミラ

 若いプーチン一家は長女マリアの誕生を見ていた。

若いウラジーミル・プーチンと妻リュドミラと娘

 1986年、彼に次女が生まれた。名前はエカテリーナ。彼女はドレスデンで生まれた。プーチンは彼の家族と一緒に、海外での諜報活動のためにこの場所に出張していた。

 1990年代には、家族全員がカラフルなスポーツウェアを着て、「威勢のいい」時代の象徴の1つとなった。これは、女子学生、スポーツマン、年金生活者、ダンサー、将来の大統領など、誰もが着用していた。

 ビジネス用のスーツがクローゼット内でますます多くの場所を占有し始めた後でも、トラックスーツはすぐに忘れられることはなかった。

 そして、大きな時計、茶色の革のコートと同じく茶色のバッグの組み合わせも時々登場した。

レニングラード市の対外関係の議長ウラジーミル・プーチンとウェールズ公チャールズ王子

 それからすぐに、プーチンは最初の公職に就いた。レニングラード市議会の議長アナトリー・ソブチャクの顧問となった。そして、市の対外関係の議長となり、外国の実業家と協力し始めた。

サンクトペテルブルク市長アナトリー・サプチャークと第一副市長ウラジーミル・プーチン

 カラフルなスポーツウェアはずっと取っておかれている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる