ロシアのラブロフ外相「広島の悲劇がくり返されるとは思えない」

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シンガポールのテレビ局「Channel News Asia」のインタビューで、悪化する露米関係についての質問に関連し、70年前の広島原爆投下のような悲劇が将来起きるとは考えられない、と述べた。

「いかなる必要性もなく」強行された「世界史上の惨事」

 「第二次世界大戦あるいは広島の悲劇が再現されるようなことは想像できないと思う」。ラブロフ外相はこう述べ、広島の悲劇を、「いかなる必要性もなく」強行された「世界史上の惨事」と呼んだ。

 また、これに関連して外相はこう指摘した。日本の指導部は、海外での軍事力行使を可能にするよう憲法を改正すべきと主張しているが、戦後秩序の維持に対する責任を忘れてはならないと。

 「歴史の遺産――それはあまり明るいものではないが――これを日本人が理解していることを私は疑わない。日本政府があらゆる隣国と善隣関係を維持することの重要性を弁えていると確信している」。こうラブロフ外相は付け加えた。

もっと読む: