BRICSの将来的な拡大をロシアは排除せず

BRICS拡大の問題は現段階では立ちはだかってはいないものの、ロシアはこうした可能性を排除してはおらず、新メンバーの受理プロセスは組織の全ての加盟国と同意のもとに行なわれねばならない。ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官はこうした声明を表した。

 「南アフリカがBRICSに加盟した後、指導者らは新たな加盟国受け入れにモラトリアムを設けることを宣言した。新たな(受け入れ)決定を我々は一切排除しないが、再確認すると、BRICSはこれに性急になっておらず、我々はことにあたっては国益の合意のなかで決定されるべきであり、圧力を加えたり、(決定を)押し付けることがあってはならないと考えている。」



*「Sputnik日本」より転載