サハリンからミャンマーに石炭初輸出

 サハリン産の石炭25000トンを積載した船が、ミャンマーの港に入港した。「ボシニャコフスキー炭鉱」社広報部が1日、これを伝えた。

 「我々にとって新たな販売市場。ボシニャコフ炭鉱の石炭は主に、日本と韓国に輸出しており、一部はボシニャコフ村の住民向けに納入していた。ミャンマーへの恒常的な石炭の輸出について今話すのは時期尚早」 

 有限責任会社「ボシニャコフスキー炭鉱」は、サハリン西部のウグレゴルスク地区で石炭露天掘りを行う会社。昨年の採掘量は約35万トン。今年の計画は50万トンになっている。

 

*記事全文(露語)