今年ロシア人はネットで何を検索したか?

Legion Media
 2018年も終わりに近づき、ロシアの最大サーチエンジン、ヤンデックスがロシア人の間でもっとも関心が高かったキーワードは何だったかを発表した。

 2018年も注目のイベントから新製品の発売まで、さまざまな出来事があったが、ロシア人の間でもっとも関心が高かったものは何だったのか?ロシア最大のサーチエンジン、ヤンデックスがその答えを導くデータを発表した

イベント

 今年、ヤンデックスの検索履歴で大きく際立っていたのがロシアで開催されたサッカーのワールドカップと平昌オリンピックに関連するもの。ヤンデックスは、これらのイベントの検索が多かったのは、広くメディアで扱われていたからだけでなく、人々の興味を引く話題やエピソードを紹介されていたからだと指摘している。

 そのほか、2018年にもっとも検索されたイベント上位5位には、ケメロヴォのショッピングセンター火災、UFCのハビブ・ヌルマゴメドフとコナー・マクレガーとの試合、ロシアの大統領選挙などが入った。

ひと

 今年はスポーツに沸いた1年だった。そこでロシア人が世界のステージで勝負するスター選手たちについてもっと知りたいと思うのも十分に理解できる。ヤンデックスを使って、もっともよく検索された人物がロシアのゴールキーパー、イーゴリ・アキンフェーエフ。スペインチームとの試合のPK戦で、歴史的なセーブを見せ、さらに人々の興味を誘った。

  またUFCでマクレガーに勝利したロシア人選手ヌルマゴメドフ、サッカーロシアチームのストライカー、アルチョム・ジュバ選手、サッカーのワールドカップでロシアを訪れたクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領、今年大きな活躍を見せた女子フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワ選手などがトップ5に入った。

製品とエンターテイメント

 これ以外にロシア人は何を検索しただろうか?ヤンデックスユーザーが非常に高い関心を示したのはファーウェイのスマートフォン。もっとも人気のある製品のトップ5が、ファーウェイのHonor 10、Appleの iPhone XS、iPhone XR、ファーウェイのP20 Pro、シャオミのRedmi Note 5、そしてファーウェイのHonor 9 Liteだった。ヤンデックスによれば、検索数でスマートフォンと同等の関心を示したのは、今年発売された新型のラーダ・グランタ(ランキングでは7位)だけだったと指摘している。フィットネス・ブレスレットやストレス解消のためのおもちゃなど、最近の新しい製品は上位10位には入らなかった。

 映画の中で検索が多かったのは、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー、デッドプール2、そしてロシア映画の「Dvizheniye Vverkh(上への動き)」。検索数の多かった映画トップ10では、そのほとんどを西側の作品が占め、ロシア映画は2作にすぎなかったが、人気のテレビドラマでは、ロシアものが上位3位を独占した(Major、Domashniy Arest(House Arest)、Molodezhka(若者たち)。

 恋愛リアリティーショー「Zamuzh za Buzovu」(ブーゾワとの結婚)やアメリカの人気番組「バチェラー」のロシア版も非常に人気があった。これらに続いたのが、音楽やダンスショー、変身番組、そして「超能力者の戦い」2シーズンであった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる