日焼けを治すロシア式の素晴らしい方法

Getty Images
 ハーブや民間療法、代替医療はロシアでは人気だが、それらの療法には確かにかなり変わったものもある。ここでは、ロシア人たちが日焼けを和らげるために選ぶとてもおいしい方法をいくつかご紹介しよう。お試しあれ。

どうやって日焼けの赤みを軽減する?

 ロシア人は、サワークリームやヨーグルト、ケフィールが、かさかさになった赤い肌を柔らかく、めだたなくしてくれると信じている。乳製品には多くの乳酸が含まれている。これは、傷ついた皮膚の再生だけでなく、しわを滑らかにするのにも最適だ。ヨーグルトはビタミンや酸素を肌に浸透させ、新しい細胞の成長を促すと考えられている。だから、サワークリームを肌に擦りこんでいる人を見かけても、ショックを受けないで…。.

 

どの食品が痛みを和らげるのに役立つ?

 ロシアの人たちは、卵白やネトル(イラクサ)の煎じ汁、あるいは、スイカ果汁を使って日焼けの痛みを軽減する。どうして効くのだろうか? これらの3つのものはどれもミネラルとタンパク質を多く含んでいる。それらが毒素を生む微生物を殺し、感染の広がりを防いでくれる。煎じ汁、果汁、生の卵白は、柔らかいはけか包帯につけて、焼けた肌に直接塗ろう。



どのように皮を剥いたりこすったりすればいいの?

 ロシア人たちはシーバックソーンオイルを使用する。高濃度のβ-カロテンと抗酸化物質のおかげで、紫外線から保護してくれる。毛穴の収縮や皮膚の美白は、このオイルを使用する際の嬉しい副次的効果だ。
 

どの野菜がかゆみを止めるのに役立つ?

 ロシアの民間療法によれば、新鮮なジャガイモとニンジン、カボチャは、皮膚の掻痒を鎮めてくれる。これらの野菜をスライスしたものでもピューレにしたものでも、どちらでもいい。天然の酸が魔法のように効くことだろう。

 

どうやって腫れを克服する? 

 酢漬けのキャベツは、爽やかでピリっとした前菜であるだけでなく浮腫にも効く。キャベツは、皮膚を活性化させるビタミンや微量元素の宝庫だ。普通、ロシア人は、酢漬けのキャベツを手作りのガーゼの袋に入れて、患部に15-20分間当てる。唯一の問題は、キャベツの匂いが後まで残ることだ。

 

最終手段の治療法
方法1

 大さじ1杯の重曹をコップ1杯の水に溶かす。これを混ぜたものに包帯を浸し、患部に当てる。日焼け後の皮膚の再生を促進するために、これを3日間で6回繰り返す。

 

方法2

 深皿にオートミールを少し入れ、温かいお湯を注ぐ。30分置く。日焼けした箇所が痛むごとに、約2日間、クリームとしてこれを使う。

 

方法3

 レモン汁10滴をサワークリーム100mgに混ぜ、マスクを作る。それを肌に湿布したらタイマーをセットする。10分間が最適。さあ、リラックスして、キウイとかオレンジ、パイナップル、イチゴといったフルーツを食べよう。これらのフルーツにはビタミンがいっぱい。ハリのある肌を取り戻し、自分を満足させる簡単な方法だ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる