「ロシア映画」が248ヶ国で配信

Shutterstock/Legion Media
 ロシアおよびソ連の映画、連続ドラマ、アニメの選りすぐりを集めた「ロシア映画」アプリが、世界248ヶ国でリリースされる。オンライン映画館「トヴザヴル・ル」のマリーナ・スルィギナ最高経営責任者(CEO)がこれを伝えた。

 「新しいプロジェクト『ロシア映画』の開始を発表する。4月12日、世界248ヶ国のLGスマートTVで独占配信開始」とスルィギナCEO。5月末までに他の機器での配信も始まる予定で、ウェブサイトも創設される見込み。

 アプリは、映画、連続ドラマ、アニメ、ソ連映画の4部門で構成される。

 「5月末までに、英語とロシア語の二ヶ国語アプリの準備が整う」とスルィギナCEO。

 また、「プロジェクトの国際的なプレゼンテーションが2016年5月にカンヌ映画祭で行われる」とのことで、「主なプロモーションの対象国はアメリカ、イスラエル、ドイツ、東欧諸国」だという。

 

記事全文(露語)

もっと読む:ソ連を崩壊させた映画『アッサ』>>