文明を軽蔑し、祖先が遺したままを生きるロシアの三民族

Legion Media
 彼らはまだ毛皮から衣服や住居を作り、食料を得るために狩りをし、ビザなしで国境を越えることができる。

ネネツ人

 彼らは鹿を繁殖させ、神と冗談を言う。ネネツはロシア最大の少数民族の一つだ。 2010年の国勢調査によると、合計44,640人がロシアに住んでいる。

 ネネツ人はツンドラで生活し、コラ半島からタイミルまで北極海沿岸の広大な空間を移動する。祖先と同様、彼らは動物の毛皮をまとい、鹿を遊牧する。そしてある場所に止まると、服と同様に、鹿の毛皮で作られた家を建てるキャンプを立ち上げる。

 この(ネネツ人の家を表す)チュムの中央には「ブルジュイカ」と呼ばれるストーブに立っている。火をつけるのは女性の義務であり、少女たちはとても若い頃から練習をする。

 「チュムの入口は女性の部分です。女性は驚くほど火をコントロールしています。小さな女の子でさえ、指でこれらの石炭を自由に扱い、火をおこし、煽ります。女性たちは、黒い苔から小さな白樺の枝まで、様々な燃料を使っています」と話すのは、民族学者であり、ネネツ人の人生に関するドキュメンタリーの著者であるアンドレイ・ゴロヴネフだ。

 男性は主に家の半分で休んでいる。そこはネネツ人が信じているように、霊が住んでいる場所だ。ネネツ族の家では男性と女性の分離に妥協を許さないため、女性が誤って男性のものを踏んでしまった場合、煙を使った浄化の儀式を行う必要がある。ビーバーの毛皮の切り屑を石炭の入ったカップに入れ、蒸し皿の上に載せる。このようにして初めて、ネネツ人の女性はこのような重大な過ちを償うことができるのだ。

 ネネツ人の神々との関係は非常に民主的なものだ。彼らにとって、「人間と神は一つの対話の登場人物だ。ネネツ人は神々と冗談を言ってもよいと考えている」とゴロヴネフは話す

 文明の恩恵はこの人々にとって異質なものではなく、多くの人々は携帯電話やスノーモービルさえも伝統的な住居に置いているが、ネネツ族は今でも祖先のライフスタイルを保持している。トナカイの飼育と釣りは、以前と同様に彼らの伝統的な職業だ。

エスキモー

 世界には約15万人のエスキモーが暮らしているが、ロシア領に住んでいるエスキモーは1738人だけだ。

 チュコト半島の海岸に住むエスキモーは、シベリアまたはアジアのエスキモーと呼ばれている。彼らは、アメリカ合衆国に住んでいるエスキモーの親戚だ。

 「セントローレンス島(アラスカ、アメリカ合衆国)は、チュコト半島から60キロメートルに位置しています。彼ら(アメリカ合衆国とロシアのエスキモー)はお互いに親戚関係でした。冷戦の前の1948年までは、彼らは非常に密接に接触を行っていました。考古学者たちは、古いエスキモー集落でアメリカのウイスキーボトルを発見しています。20世紀の20年代と30年代、ソビエトが権力を確立する前、アジアのエスキモーがヨーロッパの言語を話せば、それはロシア語ではなく英語でした」とモスクワ国立大学の民族学者のドミトリー・オパリン教授は話す

 長い間、チュコト半島に住むエスキモーはロシア人の影響から隔離されていた。「チュコト半島でのロシアの影響は、1930年代にソビエトの力が出現して初めて顕著になった。革命の前には、[顕著に]アメリカの影響がありました。大人のエスキモーは英語を話し、アメリカの捕鯨船で働いていました。多くの場合、アメリカ西海岸の都市で時間を過ごし、アルコール、チューインガム、武器、衣服、宝飾品などの西洋製品を持ちこんでいました」とオパリンは語る

 この民族の主な伝統的職業は海に住む哺乳類の狩猟だ。エスキモーは3〜12人のハンターのグループで集まり、動物を狩る。

 「彼らは狩りを止めることはありませんでした。村には、セイウチ、クジラ、アザラシ、ノウサギ、キツネを狩るハンターのチームがいます。彼らは偉大なハンターです。このスキルは世代から世代へと受け継がれています」とオパリンは話す

 エスキモーはイグルーに住んでいると多くの人が考えているが、ロシアの現代エスキモーは主に普通の小屋の村に住んでいる。しかし、彼らは先祖の霊に対する信仰を実践し続け、シャーマニズムも実践している。

 好奇心をそそる事実がある。チュコト半島の先住民はアラスカを訪れるためにアメリカ合衆国のビザが必要ではない。アメリカ合衆国とロシアの間の特別な協定で、国境の両側に住んでいる先住民はビザなしで行き来できるようになっている。

ナナイ人

 ロシアのハバロフスク地方のアムール川とその支流に沿って、少数の先住民族のナナイ人が暮らしている。

 伝説では、この民族はタイガトラと地球上の最初の人間の娘から生まれた。ナナイの人々は中国からロシアにやってきたという説もあるが、専門家はこの民族の民族形成はより複雑であると話す

 男性は狩猟と釣りに従事し、女性は針仕事に従事している。彼らは魚の皮を加工し刺繍を行う。

 ナナイ人は太陽神を崇拝し、先祖の霊を信じている。この民族は自然と密接に関連して生きており、ここでは霊への信仰が非常に強い。

 「木を切る前に、家父長が…この木に近づき、長い間立ち、この木の精神に心を向けてこのように言う。「私はあなたを傷つけますが、あなたは別の世界に生きます。家族を運ぶためにボートを作ります。私を許してください、しかし、私は本当にあなたを必要としています、あなたを切らせてください」。そして彼は耳を傾け、兆候を探します。鳥は歌い始めました。これは良い兆候です。それは、木が同意したことを表します」と、ナナイ人の代表で歴史学博士のエヴドキア・ゲールは話す。

 ナナイ族の少女は、幼い頃、6歳またはそれより前に新郎と結婚することができる。「娘がいて、隣人や友人に息子がいる場合、この娘の両親は、娘が成長したときに妻と夫になることにすでに同意しています。取り決めが成立するのです」とゲールは言う。

 結婚式の日が近づくと、若い花嫁はシルクのガウンに身を包む。その材料は近隣の中国から持ち込まれている。ナナイ人には、アムール川沿いのロシアと中国の国境の境界線が確定した後に向こうの国に行き着いた親戚がいる。

 チュコト半島の先住民のように、中国と国境を接する地域に住んでいる少数民族は、ビザなしで中国を訪れる権利はあるが、国境地点で国境を越える許可を得る必要がある。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる