民族調の服でいま大流行中のロシアのファッションデザイナー10人

Ekaterina Chesnokova撮影/Sputnik
 ロシア風のモチーフや図柄は、ヴァレンチノやドルチェ&ガッバーナ、ラルフ・ローレンなど、世界でもっとも賞讃されているデザイナーのコレクションでもよくみかける。でも、現在のロシア人デザイナーたちがどんなものを創っているのか見てみよう。

1.アシヤ・バレエワ――モスクワで人気のムスリムファッション

 ストイックなムスリムの規範に合う保守的な服を作るために、バレエワはミニマリズムと控えめな色調、アヴァンギャルドなフォルムを用いている。同時に、多彩な生地と独特のカットは、彼女の作る服に幻想的な感覚を与えてくれる。

#asiyabareeva photography @alyonakuzmina 🕊

Публикация от Асия Бареева. (@asiyabareeva)

2.ウルズィマ・ヴァンタゾワ――ブリヤート共和国

 ヴァンタゾワは、南シベリアのブリヤートの伝統的なノマドの織物――羊毛のフェルト地(伝統的なブーツ「ワレンキ」と同じ素材)でドレスを作っている。ヴァンタゾワは、この信じられないほど暖かい「カフタン(伝統的な裾の長い上衣)」を仏教の装飾品で飾りつける。

3.Levadnaja Details――モスクワ発のファンシーな刺繍

 このブランドは、自分のルーツに戻り、フォークロア調の刺繍を再現して、トレンドを復活させた。服とスタイルには、伝統的なものと現代的なものと二つのタイプ――女性物のカフタンスーツとブラウスから、エプロンと長いチョッキまで――がある。すべてのアイテムには、おとぎ話の図柄がふんだんに施されている。

4.マーシャ・アンドリアノワ――モスクワのスラブ派

人生のほとんどをパリで過ごした後にマーシャはロシアへ戻り、自然や古代ルーシ、農民の生活にインスパイアされたテーマで創作をしている。彼女が用いるのは、自然素材だけ――リネン、コットン、ウール、シルク、それを彼女がデザインした型に合わせて古代風にカットしている。

5.スラヴァ・ザイツェフ――ヨーロッパのキャットウォーク用のステレオタイプな図柄

恐らく、ここに挙げる中でいちばん有名なデザイナーであるザイツェフは、世界のファッションショーでロシアモチーフを広めている。7月に彼は、パリのオリエンタル・ファッションショーの一部として、「ロシアン・コレクション」を発表した。彼のオートクチュールのドレスは、鮮やかで、しばしば、圧倒的な赤だ。

6.Firdaws――チェチェン発のフェミニンなカット

チェチェン共和国は、ぴかぴかしたもの、ゴールドやファンシーなスタイルが好きだ。このブランドの創始者アイシャト・カディロワは、ムスリムの女性たちのために、伝統的な装飾のあるものや、チェチェンの自然美を思わせるものなど、二種類のクラシカルなロングドレスを作っている。同時に、この地域ので広く普及している、もっとカジュアルな付属品もある。

7.レフシャ・スタジオ――ヴォルガ川発の愛国的カジュアル

 サッカー・ワールドカップ開催地となったサマラを本拠地とするレフシャは、キリル文字や、古代ルーシ風のフリーカットのロングドレスなど、ロシアをテーマにしたプリント地を取り上げている。また、このスタジオは、宇宙空間をテーマにしたコレクションも作っている(この街の中心地には宇宙博物館がある)。

8.‘Gort’ Studio――ウラル発の民俗モチーフ

 民俗的なルーツへの関心が、ペルミを拠点とするヴェーラ・メホノシナをエスニック・ファッションへと導いた。彼女は、普段着のカジュアルなワンピースに焦点を当てている。彼女のサラファン(袖のない長いワンピース)は、自然素材で作られた丈の長いサンドレスで、アウトドアでの活動には最適だ。

9.スルタン・サリエフ――タタルスタン

 スルタンは、ミス・タタルスタン美人コンテストや、公式の代表会議といった主要なイベント用のドレスを作っている。彼がもっとも好んでいるのは、中央アジア諸国のように、タタール人たちが日常的に着られるように、民族衣装を現代風にすることだ。

о.Байкал

Публикация от Султан Салиев (@sultansaliew)

10.ニージエ・エミルシャフ――クリミアのタタール人

 ニージエのデザインは、ファッションじゃなく、個性の探求をめぐるものだ。7月に彼女は、「エスノ・ポディウム」コンテストでグランプリを獲った。彼女のクリミア・タタール人のフォークロア調のデザインは、エスニックな魅力と、構成主義的なライン、現代的な色の決定と素材をひとつにしている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる