日本で来年エルミタージュ展開催

​ サンクトペテルブルクの「エルミタージュ美術館」の所蔵品から、西ヨーロッパの名画が、日本で公開される。
Hermitage Japan
「日本テレビ」の大久保好男社長とエルミタージュ美術館のミハイル・ピオトロフスキー館長=  報道写真

 「大エルミタージュ美術館展・オールドマスター・西洋絵画の巨匠たち」が2017年3月18日から2018年1月14日まで、東京都港区六本木、愛知県名古屋市、兵庫県神戸市の美術館で開催される。

 エルミタージュ美術館のミハイル・ピオトロフスキー館長と「日本テレビ」の大久保好男社長は7月7日、これについての契約に署名を行った。エルミタージュ美術館広報部が伝えている。

 

50万人ほどの来場者を期待

 「日本のエルミタージュ美術館展の訪問者数はとても多いため、この展覧会で少なくとも50万人を集められれば」とピオトロフスキー館長は話した。

 「オールドマスター・西洋絵画の巨匠たち」展は、エルミタージュ美術館と日本テレビの3回目の共同プロジェクト。2006年に「大エルミタージュ美術館展・いま甦る巨匠たち400年の記憶」、2012年に「大エルミタージュ美術館展・世紀の顔・西欧絵画の400年」が開催されている。

 「エルミタージュ美術館との共催のこの展覧会は最高のものになると思う」と大久保社長は話した。

 

どのような作品が展示されるのか

 展覧会では16~19世紀の西ヨーロッパの巨匠の絵画85枚が展示される。展示品の中には、ティツィアーノ、レーニ、ムリーリョ、デ・リベーラ、ブリューゲル(父)、ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラント、クラナッハ、ロラン、プッサン、その他の偉大な芸術家の作品がある。

 ロシアの女帝エカチェリーナ2世が1764年、ヨーロッパの美術品を購入し、離宮のエルミタージュに所蔵し始めたのがコレクションの始まり。その孫の皇帝アレクサンドル1世と皇帝ニコライ1世もコレクションを続けた。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!