露外相「ロシア・アラブ連盟フォーラムの主要テーマはシリア危機調整」

ロシアのラヴロフ外相は、エジプトの首都カイロで、日曜日から月曜日にかけての深夜、ブラヒミ・シリア問題国連及びアラブ連盟特使との会談結果を総括し「今年末までにモスクワで開かれるロシア・アラブ連盟協力フォーラムの枠内では、シリア危機に優先的注意が割かれるだろう」と述べ、次のように指摘した―

「シリア危機がその他の国々に与える影響が懸念されている。我々は、シリア危機において軍事的解決の道はありえない、との点で意見の一致を見た。

ロシアは、ジュネーブ合意を基盤に、在野勢力を含めて、紛争のあらゆる当事者と作業をしている。しかし残念ながら、ジュネーブでの会合の他の参加者達は、合意から離れてしまった。彼らが、達成された合意の立場に戻るよう期待している。」

(「ロシアの声」より転載)