ロシアでの超豪華な旅5選

Picture alliance/Global Look Press
低予算での旅行を探しているというあなたは絶対に避けるべきである。

 旅行をするときにはできるだけコストを抑えようとするものだが、ロシアでこれらの場所を訪れたいと思うのであれば、家を担保に入れることになるだろう。

1/ プトラナ台地、想定旅行代金:3,000㌦(およそ33万円)

 ユネスコ世界遺産に登録されているプトラナ台地の独特の自然のモニュメントを見に行くことは簡単ではない。しかし、そこにある、底なしの渓谷、ロシアで最も落差のある滝を本当に見たいと思っているのなら、その価値はある。プトラナ台地までの旅は、長いバス移動、そしてボートやヘリコプター、トラックでの移動を含めて全部で普通6~10日(!)かかる。この探検にはおよそ3,000㌦(およそ33万円)の費用がかかり、さらにノリリスクまでの航空券代(モスクワから最低500㌦=およそ55,000円)が必要だ。

少しでもお安く行くことはできるのか?

 それはほぼ不可能。まず、観光客を制限していて、行くには、FSB(ここを参照)の特別な許可が必要で、旅行代理店が取るのをサポートしてくれもらわなければならない。しかも、プトラナ台地に行くにのに公共の移動手段ではほぼ不可能だ。

2/ カムチャツカ半島の活火山、想定旅行代金:8,000㌦(およそ88万円)

 ロシアで一番活火山が多いのはどこか知っている超極東部だ。宇宙にあるような信じられない光景を自分の眼で見たいのであれば、荷物を鞄に詰めて、カムチャツカ半島に向かおう。そこでは、野生の動物や植物の写真を撮るだけでも何か月も過ごすことができる。旅行代理店では極東にあるいろいろな島々に出かける面白いツアーも数多く用意されている。カムチャツカ半島を回る一般的なコースだと、クリュチェフスカヤ火山、アバチャ湾へのボートクルーズ、魚釣り、野生動物観察などを含めて10~12日間の旅だ。8,000㌦(およそ88万円)の旅行代金にはテントか旅行拠点での宿泊、移動費用、アクティビティ費用を含んでいる。モスクワからのペトロパブロフスクまでの飛行機代(およそ700㌦=およそ77,000円)は別。

少しでもお安く行くことはできるのか?

 ロシア極東部へ旅行するのに、いくつかの国の国籍を持つ人はクルーズ船で到着した場合は、e-visa (こちらを参照)を取るだけでいいか、もしくはそれさえも要らない。この場合、カムチャツカ半島を自由に自分の足で探検できる。

3/ ロシア極北部とチュクチ半島、想定旅行代金:11,000㌦(およそ120万円)

 ホッキョクグマ、コククジラ、セイウチや何千羽もの北国の鳥が地球の最果ての地で待ってくれている。チュクチ半島の生活環境はとても熾烈である。寒気、氷雪、強風、そして荒涼のみがある。真の旅行家のみがここを探検することが出来る。旅は、アナディル(モスクワからの飛行機代はおよそ700㌦=およそ77,000円)の町から始まる。ここで砕氷船に乗り2週間の旅に向かう。この北極圏の探検には食費込みで少なくとも11,000㌦(およそ120万円)は必要。

少しでもお安く行くことはできるのか?

 実際、チュクチ半島に行くには、アラスカからが一番安い。しかも無料。リトルダイオミード島に向かえば、ロシアの最東端であるデジニョフ岬を見ることが出来る

4/ シベリア横断鉄道、想定旅行代金:15,000㌦(およそ165万円)

 ロシアを横断して旅するのに最もロマンティックな方法は列車の旅である。シベリア横断鉄道には、旅行者のための特別なレトロタイプの車両がいくつか用意されている。最も豪華なのは、「ゴールデン・イーグル」号で内部は本当の宮殿のようである。いくつかの客車にはフルサイズのバスタブまで備えてある。このような豪華な旅の費用は、モスクワからウラジオストクまで15,000㌦(およそ165万円)からである。この費用には旅費と食事費が含まれる(ありがたいことに!)。帰りは鉄道を乗り換えて移動しても良いし、モスクワまでの航空券を購入しても良い。(400㌦〜=およそ44,000円〜)

少しでもお安く行くことはできるのか?

 簡単だ。コースをチェックして、旅行計画を立て、回るコースに沿ってそれぞれの区間の切符をオンラインで購入すれば良い。

5/ ロシアの北極圏、想定旅行代金:30,000㌦(およそ330万円)

 北極海を見て、太古の氷を見つけたいあなた。砕氷船に乗って、ゼムリャフランツァヨシファ (フランツ・ヨーゼフ諸島) に行くまでの間にホッキョクグマやロシアで最も無人の地を眼のあたりにすることが出来る。この旅行の予約はなんと18ヵ月も前からスタートし、通常どのツアーも数か月で売り切れてしまう。旅行費用は、食事、ガイドツアー、そしてゴムブーツ代込み、2人部屋で30,000㌦(およそ330万円)からである。こちらも、そこまで自分で行かなかればならず、モスクワからムルマンスクまでの飛行機代はおよそ200㌦(およそ22,000円)である。

少しでもお安く行くことはできるのか?

 絶対できない。北極まで自力で行くしかない。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる