電子ビザでカリーニングラードに最長8日間の滞在が可能!

Getty Images
 日本を含む53カ国の国民が、電子ビザでロシア都市の一つに最長で8日間滞在できることになった。

 そのロシア都市とはカリーニングラード市およびカリーニングラード州。ビザは無料で申請でき、最長で8日間滞在できる。

 電子ビザによるカリーニングラード地域への入国を、ロシア連邦外務省は7月1日に許可した。同省のウェブサイトが伝えた

申請はロシアの外務省領事局のウェブサイトで

 ビザを申請するには、ロシアの外務省領事局のウェブサイトで申請書を記入し、写真を添付する必要がある。申請書は、入国予定日の20日~4日前までに記入しなければならない。ビザは、休日や週末に関係なく、4日間で発行される。

 ビザは、30日間の期間で発行されるが、当該地域に滞在できるのは8日間以内だ。ビザ取得の目的は、観光、ビジネス、民間交流。

 なお、このビザは、ロシア連邦の他の地域を訪問することを許可していない。訪問できるのはカリーニングラード市およびカリーニングラード州のみ。この地域は飛び地で、他の国々に囲まれたロシア領となっている。

 7月4日の時点で、カリーニングラード訪問のための電子ビザは、2000件以上申請されている。地域局の国際・地域関係担当のアーラ・イワノワ氏が伝えた。

 電子ビザは、ウラジオストクへの入国でも、同じ条件で発行されている。入国地点は、ウラジオストク港と同市のクネヴィチ空港。2018年9月1日以降、このシステムは、極東連邦管区全体の空港に拡張された。

*電子ビザを申請できる国のリスト:

  • オーストリア
  • アンドラ
  • バーレーン
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • バチカン
  • ハンガリー
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • デンマーク
  • インド
  • インドネシア
  • イラン
  • アイルランド
  • アイスランド
  • スペイン
  • イタリア
  • カタール
  • キプロス
  • 中国(台湾を含めて)
  • 北朝鮮
  • クウェート
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ルクセンブルク
  • マレーシア
  • マルタ
  • メキシコ
  • モナコ
  • オランダ
  • ノルウェー
  • オマーン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • サンマリノ
  • サウジアラビア
  • 北マケドニア
  • セルビア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • トルコ
  • フィリピン
  • フィンランド
  • フランス
  • クロアチア
  • チェコ
  • スウェーデン
  • エストニア
  • 日本

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる