素通りできない素敵なテラスがあるサンクトペテルブルクのカフェ7選

Getty Images
 北の都で、新鮮な空気を感じながらおいしく食事ができるカフェやレストランを一挙にご紹介しよう。

1.Sevcable Port

 ワシリエフ島のケーブル工場跡地に新しいソーシャルスペースがオープンした。敷地全体に並べられた巨大な木製の糸巻きが産業的な雰囲気を醸し出している。ここではサイクリングができるほか、若者たちによる芸術展が開かれているほか、屋外のカフェやレストランがある。テラス席に選択肢はあまりないが、いずれも非常に心地よい。中東料理が好きな人には庶民的なカフェ「Easy Hummus」がおすすめ(人気のメニューは、ヒヨコマメのコロッケ、ファラフェル400ルーブル=およそ660円、トマトソースと鶏卵を焼いたシャクシュカ300ルーブル=およそ500円)。ハンバーガーが食べたいなら「Meat Up」(とくに霜降り牛肉のハンバーグが入ったSevkabel’skyが絶品)、ホンモノのプロフが食べたいなら「Plov One Love」(羊肉のプロフが450ルーブル=およそ750円)で探してみよう。

平均予算:700ルーブル(およそ1,200円)

アドレス:Kojevennaya liniya, 40d

サイトはこちら

2.Novaya Gollandiya

 街の中心部にあるノーヴァヤ・ゴランジヤ島(新オランダ島)は数年前に憩いの公園となり、歴史的建築物の中に、講義室や展示室が作られている。もっとも魅力的な場所となっているのが、その輪のような形から「ボトル」と呼ばれていたかつての収容所の建物である。この中にありとあらゆる食のお楽しみがある。アメリカンフード(多種の肉を挟んだサンドイッチ300–400ルーブル=およそ500–660円)を専門にした肉を使った軽食の店Dickman’s、人気のカフェSurf Coffee(コーヒーは平均250–300ルーブル=およそ420–500円)、イスラエルのストリートフード「Bekitzel」(ピタを使ったシャウルマは270ルーブル=およそ450円、ナスを乗せたイスラエルの伝統的なオープンサンドは240ルーブル=およそ400円)、居酒屋Ryumochnaya(果実酒は150ルーブル=およそ250円、密造酒は200ルーブル=およそ330円)。どの店も、テラスは中庭に面している。

平均予算:700–1,000ルーブル(およそ1,200–1,660円)

アドレス:Naberejnaya Admiralteisukogo kanala, 2

サイトはこちら

3.Chacha

 プハリやヒンカリ、ドルマー以外にあなたを幸せに、そしてお腹いっぱいにできるものがあるだろうか?グルジアレストランChachaに行けば、大きな夏用のテラスに案内してくれ、あなたを家族のように迎え、食事を供してくれるだろう(ナスのクルミペースト巻きが430ルーブル=およそ710円、アジャリア風ハチャプリが490ルーブル=およそ810円)。おまけとして、血の上の救世主教会とグリボエードフ運河の岸を見ることができる。

平均予算:1,500ルーブル(およそ2,500円) 

アドレス:Haberejnaya kanala Griboedova 8/1

サイトはこちら

4.Tsunami

 バー・レストラン「Tsunami」の中庭に入ると、一瞬にして北方のペテルブルグから灼熱のアジアの国に来たような感覚になる。色鮮やかな夏のテラスはネオ・ブッディストスタイルのグラフィティで飾られており、雨の日(ペテルブルグでは少ないとは言えない)でも気分をアゲてくれる。テーブルに運ばれてくるのは、ロール寿司(フィラデルフィア巻きが410ルーブル=およそ680円)、サーモンの照り焼き(540ルーブル=およそ900円)などのアジア料理とオリジナルのカクテル多種(400–500ルーブル=およそ670–830円)。

平均予算:1,000ルーブル(およそ1,660円) 

アドレス:Ligovskiy prospect, 39

サイトはこちら

5.The Sizzle 

 気の合う仲間と一杯飲みたいと思うなら、ルビンシテイン通りへ行こう。ここには、客があちらからこちらへとハシゴする、昔ながらのバーや小さいながらも目を引くレストランがあちこちにある。最近オープンした「The Sizzle」は飲むだけでなく、ちょっと上品でおいしい食事を楽しみたいという人向けの店である。メニューにはツナのセヴィーチェ(530ルーブル=およそ880円)、アーティーチョークのブルスケッタ(370ルーブル=およそ610円)、ボラの麦芽のせ(680ルーブル=およそ1,100円)などがある。今挙げたような料理について、「それ何?」と思った人も、ぜひ一度は訪れてみてほしい。

平均予算:1,500ルーブル(およそ2,500円)

アドレス:ul. Rubinshteina 23

サイトはこちら

6.Solntzesprava

 超ロマンティクな人たちが屋上でディナーをとっている。出される料理は親しみがあり、しっかりお腹を満たしてくれる料理ばかり。それはたとえばステーキ(マチェテ風800ルーブル=およそ1,330円)、ピザ(300ルーブル=およそ500円)、チーズプレート(500ルーブル=およそ830円)、ロール(カリフォルニア・ロール220ルーブル=およそ360円)などであるが、メニューはそれほど重要ではない。このお店は本物のペテルブルグの雰囲気を味わうために行くべき場所である。レストランは現代美術館「アルトムーザ」の屋上にあり、常に若いアーティストたちのライブが開かれている。軽めのジャズあるいは熱いブギウギを聴きながら、ワシリエフスキー島の眺めを楽しむ。これこそが夏の夕暮れどきに必要なものなのである。

平均予算:1,000ルーブル(およそ1,660円) 

アドレス:13 liniya Vasil’evskogo ostrova, 70

サイトはこちら

7.Khachapuri tyotushki Mariko (まりこおばさんのハチャプリ)

 新しくできたグルジアレストランで、オリジナルのふっくらチェブレキ(270ルーブル=およそ450円)、肉と香草入りのスパイシーオープンパイ、クブダリ(525ルーブル=およそ870円)、伝統的なスープ、ハルチョー(385ルーブル=およそ640円)などが楽しめる。いずれの料理も夏用のテラスでオーダーすることができる。

平均予算:1,000ルーブル(およそ1,660円)

アドレス:ul. Malaya Sadovaya, 3

サイトはこちら

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる