夏はキャンプだ

ソ連崩壊でピオネールはなくなったが、キャンプ自体は定着している。子供たちには楽しさの一方で3週間も親もとから離れる「試練」の期間でもある。写真はキャンプ「カムチャツカ」=クセニア・プロトニコワ撮影

ソ連崩壊でピオネールはなくなったが、キャンプ自体は定着している。子供たちには楽しさの一方で3週間も親もとから離れる「試練」の期間でもある。写真はキャンプ「カムチャツカ」=クセニア・プロトニコワ撮影

ソ連時代に盛んだった子供のキャンプは保養や軍隊めいた規律、数十年におよぶ実践的ユーモアの伝統を併せもちつつ、今なお健在である。ソ連時代には、温暖な海辺かピオネールキャンプの利用券は学童たちにとってご褒美だった。とはいえ、遠くへ行くには費用もかかるので多くの子供は近場のキャンプや川辺の森へ出かけていた。このキャンプを一言でいえば、娯楽や保養のプログラムを備えた子供向けのサナトリウムである。

 キャンプでの生活は軍隊のそれと似ており、起床、朝食、昼食、リエーション、夕食、消灯と、すべてが規則通りった。

 ひと夏は3間ずつ三つ期間に区切られ、子供たちはたいてい一つの期間を過ごすが、夏ャンプで寝泊まりする子供もいた。

ピオネール・キャンプ受け継ぐ

 ロシアの子供用マーキャンプは連時代のピオネール・キャンプなっているオネール(パイオニア)とは共産圏の少年団で、国的なコンセプトだったが、次第に般的なスポーツ・健康プログラムに代わっていった。近では海外のキャンプに子供をやりたがる親が多く、ルガリアとトルコが人気だ。

 1980年代にはソ連国内にピオネールキャンプが4以上あり、そこで約1000人の学童休暇を過ごしていた。

 現在は金生活者のナタヤさんは次のようにった

 「夏はほとんど毎年キスロクのそばのピオネールキャンプへ出かけていて、キャンプへ行かない夏なんて考えられませんでした。登山サークルの仲間とともに毎日のように登りを楽しみました。キャンプの規則は厳しったのですが、女の子同士こっそり町へ繰り出したりしていました。きゅうすえられて、みんながディスコへ行くときに行かせてもらえなかったりしたことも……

 ピオネール(共産主義少年団)組織はなくなったが、キャンプはのままの形で残り、非公式な伝統も受け継がれてきた。

 このャンプを体験した誰もが真っ先に思い出すは、歯磨き粉。それを夜にみんなに塗るのが、子供たちの何よりの楽しみだった。

クセニア・プロトニコワ撮影

 クセニア・プロトニコワ撮影 

学童あこがれアルテク

 ソ連最初のピオネールキャンプは1925年にクリミア半島のグルズフ村に設けられ、アルテクと名付けられた。
 当初は
シア赤十字社の提唱に基づき、結核に苦しむ児童のためのサナトリウムとして機能していた。
 1927年からキャンプに年長者のリーダーが置かれるようになった。このシステムは後にすべてのピオネールに広まる。
 教師はというと、郷土史や自然科学などのレクチャーをしたり、子供たちとエクスカーションをして植物標本を作ったりした。また、海岸や公園の清掃も教育プログラムに含まれていた。
 こうしてアルテクはいつしか普通のピオネールキャンプのメッカとなり、ソ連のすべての学童
にとって、アルテクのキャンプで夏休みを過ごすことがれの的になった。

 男子が女子の部屋に忍び込んで顔に歯磨き粉を塗るのだが、それにはコツがあった。チューブに入った粉は冷たそのまま顔に塗ると標的にされた子すぐに目を覚ましてしまうので、前もってチューブを自分の体で温めておく。この遊びはそのものずばり「塗り」と呼ばれていた。

 「今日は女の子たちを塗っちまおうぜ」と悪童たちは相談し日は私たちが塗られちゃったわ」とやられた方はたりする

 女子大生のんはこう語る。「私は5年続けて子供のキャンプへ行きました。毎日かの行事がありました。ディスコとか、ーマ別の祭事子が女子に子が男子になる『あべこべの日』というのもありました

 どこのキャンプにもかならず「女王様の夜」というのがあった。それはキャンプの最後の夜。みんなが願いごとをしてキャンプに別れを告げる。

 年少の子たちはに「願いごとの小径」を順番に通らされる。そこを通ったら朝まで黙っていないと願いごとがかなないというわけで、彼らはおとなしく早々に眠ってしまう。年長の子たちはまで眠らず、トイレットペーパーを投げ合ったり、寝てしまった人にいたずらをしたり…

 学時代にーダーを務めたさんは子供たちにはできるかぎり何かをやらせていました。彼らに何かを禁じることはできないけれどり合いをつけることはできると思ってました。私の班の子供は1213歳なので楽でしたねと語る

もっと読む:

週末はダーチャ行き

 キャンプは利厚生の事業であり、現在これを運営しているのは企業や国の省庁である。

 多くの企業はタッフを抱えて年間を通して大きな敷地を維持管理するより員の子供たちのためによそのキャンプの利用券を買っほうが安上がりなので、次第にャンプを手離しつつある。いずれにせよ、ャンプで休暇を過ごした少年少女にとって供時代の最高の思い出一つなのだ。


 クセニア・プロトニコワ撮影

 キャンプいたずスト5

 1. 歯磨き粉 

 
っている手のひらに気づかれないようにそっと歯磨き粉をつけ羽毛でくすぐる「塗り」と呼ばれるいたずら。

 2. 天井落ちる

  眠っている人のすぐシーツを張っておから早く起きて、井が落っこちくるぞ!」と叫んで起こす

 3. なぎ服 

  夜のうちに誰かの服を全部ないでおくたずらされた子それをんな解かないとが着られない。

 4. かゆい 

 シーツに茶がらておく。いたずらされた子夜どおし寝返りを打ちながらか)ことになる

 5. 運び出し 

 目星をつけられた子深い眠りに落ちたら廊下かトイレへ寝台ごと運び出す。暖かな夜ならば戸外へ。