もっと「街」らしく

セルゲイ・クズネツォフ氏は「モスクワを文字通り「街」に変える必要があるのです。街とはライフスタイルです。」と語る。Getty Images/Fotobank撮影

セルゲイ・クズネツォフ氏は「モスクワを文字通り「街」に変える必要があるのです。街とはライフスタイルです。」と語る。Getty Images/Fotobank撮影

モスクワ市指定建築士であるセルゲイ・クズネツォフ氏は第24回国際不動産見本市(MIPIM)に出発する前にロシアNOWのインタビューに応じ、住みやすい街づくり、冬の自転車専用道路、ロシア人の性格などについて語った。同氏はモスクワを生活しやすい「街」に変えることを提案し、外国人やロシアの若手建築家を大いに利用するよう呼びかけている。

セルゲイ・クズネツォフ氏

モスクワ市指定建築士
1977年、モスクワ生まれ
主なプロジェクトとしてはソチ冬季五輪用メディアセンター等がある。
2001年、モスクワ建築大学卒。在学中に建築事務所「SLKプロエクト」を創設。その後「S.P.プロエクト」のパートナー兼最高責任者に。06年、セルゲイ・チョバン氏と「スピーチ チョバン&クズネツォフ」を創設し「S.P.プロジェクト」を吸収。現在、ウダリツォフ通りのオフィスビルなど50件のプロジェクトがある。08年、チョバン氏と建築雑誌「スピーチ」を創刊した。

—MIPIMではモスクワを紹介する予定ですか。ご自身の展示品についてお話しください。

 展示品の中で特にに思っているのはスクワ川流域の広大な土地を占めている動車社「ジルの工業区域の再開発計画です

  1年以上前に建築事務所「メガノム」が着手したコンセプトで、ここ数間は私も市指定建築士として、モスクワ市総合計画研究所とともに精力的に取り組みました。

  この区域では路網および公共交通システムの改善、居、オフィス建設などの規模な再開発が提案されています。

 

 —市の発展イデオロギーを短く説明するとどのようなものですか。

 モスクワを文字通り「街」に変える必要があるのです。街とはライフスタイルです。他とは異なる家に住み、家のわきには快適な緑地があり、通りには統一感がなければなりません。

 しかも機能的には、楽、教育、文化などの施設がすべて自分の家の近くにあることです。

  どのベッドタウンでも8時間の睡眠を確保することはできますが、残りの実させることは難しいです。

 

 —モスクワが目指す街のモデルはありますか。

 べての街は固有ですが、参考にすべき実績があります。

  ドイツのベルリンが統一された時、ベルリンのが撤去されましたが、何もない所には新たなセンターが建設されました。

  中国の北京市郊外は複合機能の原則に基づき発されました。上海市の浦東新区も参考になります。

 

 —モスクワは外国の建築事務所にも発注しているのですか。

 国は最近集積地域のコンペ開催するで、外国の建築事務所のサービスをほとんど利用していませんでした。

  民間投資家は外国人建築家とより多くの仕事をするようになっています。スクワの外国人のプロジェクト実施率は2~3%です。

 

 —理由は何ですか。

  明確な選定文化がないからです。西側の現代建築の質は非常に高いです。場は西側諸国の建築家にほとんどのロジェクトを奪われてしまうリスクがあることを知っているため、ロシア人建築家の利益を守るほうにってしまうのです。

 15さな建築家集団が独占しており、外国人や若手建築家を受注からシャットアウトしています。これは私が闘おうとしている現状です。

  

 —どのような方法によってですか。

 建築コンペは自然で正しい選定方法です。できるだけ多くの発注者を集めて施すべく努力しています。

 国内に競争力がい状態で(世界貿易機関)に加盟しているので、西側会社押し寄せていロシア人建築士が去って行くリスクを抱えています。

 ロシアの発注者も争できるプラットフォームを発展させ手にチャンスを与える必要があると考えています

 

 —サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場新館の建築コンペで美しい案が集まり、その中の一案が優勝した。ところが、全く違う設計の「スーパー」が建設されました。

  建築コンペとは建築家だけでなく、発注者の責任でもあるのですシア界は不健全で、世間も失敗を非難するのが好きです。何でも嘲笑してしまうのはロシア人の性分です。

 

 ―今注目を浴びているのはモスクワの自転車専用道路です。交通問題を解決する万能薬のように考えられていますが、年間5カ月ほどしか利用できません。

 カナダには自転車専用道路のある街があります。カナダの気候はロシアとよく似ていますが、人々は自転車に乗っています。気候のせいで乗れないというのは錯覚です。明白な目的意識と正しい計画が必要なだけです。