ロシアで見られる最も珍しい種類の氷

オビ湾、ヤマロ・ネネツ自治管区、2016年

オビ湾、ヤマロ・ネネツ自治管区、2016年

Evgeny Chikotilov/TASS
 海で本物の氷でできたボールが形成され、湖に氷の花が咲くことがあることを知っているだろうか?

バイカル湖

 氷は、凍った水だけのものではない。時々、自然はこの素材で本当の奇跡を起こす。例えば、ヤマル半島のオビ湾、レニングラード州のフィンランド湾では氷球が上陸し、バイカル湖では毎春、神秘的な氷の輪が現れる。これらまたはその他の氷のきまぐれについて、私たちはヤクーツクの永久凍土研究所主任研究員の水文学者ニキータ・タナナエフに話を聞いた。

 

油のパンケーキ 

パンケーキ氷

 最も興味深い形の氷が形成されるのは、水においてだ。なぜなら氷の形成は、流れから温度まで、多くの要因の影響を受けるからだ。これは船の航行の安全性に影響を与えるため、北極および南極研究所が発行する「氷形成のアトラス」で様々な種類の氷がかなりよく研究され、解説されている。

 冬と春には、湖はしばしば数十センチメートルの直径を持つ多くの氷の円盤で覆われ、水面が高くなる。これが「パンケーキ氷」が形成される背景だ。

 「パンケーキ氷は、特に北の大きな外洋、湖、または海でよく見られる。これらは、自然が氷のパンケーキを焼く「フライパン」だ」とこの科学者は話す。このような円盤は、温度が零度近くで変動し、水面に光の波があるときに現れる。

 「最初に、薄い油性の層が水のうねりに形成され始める。この「油」、または潤滑氷は、その後表面張力により円形にすり減る。このパンケーキ氷は、針状のまたは新雪の蓄積(「雪玉」)から発生することがある。また、「氷上のバレリーナ」と呼ばれることもある。これは風が発生すると、軸の周りを回転するからだ、と彼は話す。

 このような光景は例えば、カレリアのオネガ湖、アルタイ、エカテリンブルクのイセト川、バイカル湖で見ることができる。

オネガ湖

 パンケーキ氷は、直径3メートル、厚さ15センチメートルに達することがあり、凍結すると、水面までを覆う。流氷は、温度が低いために完全に丸い形になる時間がなく、多くの破片のように見えることがある。そのような氷はうろこ状と呼ばれる。

 

氷の花 

 この信じられないほど美しい自然現象は、北極圏の特徴的だが、中緯度で見られることもある。昨年11月末に、タタールスタンのイリンスコエ湖とマリー・エルに氷の花が「咲いた」。

 これは、水と空気の温度差が大きく(20度以上)、路上が非常に寒く、水面ではゼロに近く、風がほとんどないことによるものだ。氷の表面の水分は急激に冷却され、結晶の形で表面に凝縮する。これは霜のようなもので、水の中だけで起こる。

 

ボウリングボール氷

オビ湾、ヤマロ・ネネツ自治管区、2016年。

 2016年には、世界でも珍しい自然現象がヤマル半島で、その1年後にはフィンランド湾で見られた。波によって岸に押し寄せられる巨大な氷球は、通常、降雪と強い嵐の後、雪解けの背景として現れる。海の波は雪の塊を海岸に沿って転がして、雪玉を「作り」、冷たい風の影響で氷に覆われ、海岸に投げ出される。

オビ湾、ヤマロ・ネネツ自治管区、2016年。

 

毛が生えた氷 

 このような氷の形成は、水上だけでなく、湿気のある陸地や地下でも起こる。この氷は木で見ることができ、柔らかく伸びている。 「毛のある氷」は、Exidiopsiseffuseと呼ばれる特別な菌の影響を受けた腐った木の上に形成される。

 

山と地下の氷

クングル洞窟

 ペルミ地方のクングル市では、永遠の冬が訪れる場所である氷山の洞窟を訪れることができる。その数キロメートルの地下通路には、鍾乳石と石筍という解けない氷の「つらら」が点在している。この洞窟では、温度の異なる空気が混ざり合い、激しい凝縮が発生する。水分はアーチ状に落ち着き、針から花まで、様々な形で凍結する。

クングル洞窟

 科学者は、山では、例えば草の茎の形をした氷などの異常な形の氷が見つかる、とタナナエフは言う。 「花の茎のように見えるので、そのように呼ばれます。これは大きな温度差のある山で形成されます。日中温度が高く、夜に霜が必要です。そのような氷が成長すると、最大10-15センチメートルに達し、最後に花が開くことができるのです!」と彼は話す。このような氷は、例えばコーカサスで見ることができる。

クングル洞窟

 サハ共和国の山では、ブルウスや大モンスカヤ氷層のような巨大な氷を見ることができるが、これらは夏でも溶けない、とタナナエフは話す。 「そして、それらも非常に面白いように見えるかもしれません。ヴェルホヤンスク山脈の川の谷で空色に近い青い氷でできたプリュハを見たときそのように感じました。もちろん、光の屈折の特性のため、このように見えるのです。」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる