ソビエト連邦が作った世界最大飛行機はなぜ消えたか

Public domain
 悲劇的な運命が、ソビエト航空の誇りだった、巨大な飛行機「マキシム・ゴーリキー号」だけでなく、これ航空機シリーズ全体、およびその設計に関与した人々にも影響を与えた。

最も大きい飛行機

 「巨大なアジテーター機の建設は、私たちの国が現在の高度な技術レベルを適用する上で、すべてのキャンペーンおよび大衆政治活動の方法を更新および再構築するための基盤になるはずです」と1932年にジャーナリストのミハイル・コルツォフは書いた。スターリンの個人的な援助を利用して、コルツォフは当時の世界最大の航空機プロジェクトのイデオロギー上の激励者となった。

 ソビエトの航空産業の誇りになることを運命づけられていたこの奇跡の飛行機は、共産主義を促進させる重要な要素として、ソビエト連邦におけるプロパガンダ航空機のフラッグシップとして考えられていた。計画によると、受信送信のラジオ局、編集オフィス、さらには数千枚のリーフレットを印刷できる印刷所さえも備えることになっていた。この飛行機で飛行中撮影するとき、同機はそれらを雲に直接投影し、生成された煙幕に光のスローガンを生成することができた。

 巨大な飛行機は、ソビエトの最も著名な作家の一人であるマキシム・ゴーリキーへの作家活動40周年を記念する象徴的な贈り物となった。 1934年、彼の業績をたたえた名付けられたANT-20「マキシム・ゴーリキー号」は最初の飛行を行った。

空飛ぶ宮殿

 1930年代において、この航空機の規模は印象的なものだった。設計者アンドレイ・ツポレフがTB-4爆撃機に基づいて開発したANT-20は、長さ33メートル、翼幅63メートルで、当時の最大の飛行機であるドイツの飛行船ドルニエ・ド・Xよりも15メートル長いものだった。

 この航空機には、900馬力のM-34FRNプロペラエンジンが8基搭載されていた。当初はエンジンを6基搭載する予定だったが、30トンの巨体には十分ではなかった。

 ANT-20の速度はやや控えめ(最大時速220 km)で、1930年代のソビエト航空に典型的ではなかった高度な快適性が特徴としていた。 

 100平方メートルのエリアに最大48人の乗客を収容できた。内部には、広々としたアームチェア、カーペット、テーブルランプのあるテーブル、窓にはカーテンがあった。

 睡眠用の船室でくつろいだ後、乗客は冷菜温菜が並ぶ電動ビュッフェに行き、その後図書館に行った。さらに、乗客と乗務員の利便性を考え、トイレ、洗面台、食料品店、荷物室が機内にあった。

プロパガンダの道具

 「マキシム・ゴーリキー号」は、輸送機、旅客機、爆撃機、軍事司令部の航空本部、また国家の指導部用航空機「一号機」として機能した。しかし、ANT-20の主な目的はプロパガンダだった。

 設計者は、ミハイル・コルツォフが発言したほとんど全てのアイデアを実現できました。航空機には、オフィス間の通信用に16の番号を持つ自動電話交換機が装備されていた。気送管郵便により、飛行機の機長は、無線技士と共に機内でこのジャーナリストにメッセージを送ることができた。

 ANT-20には強力なスピーカー、暗室、印刷所が備わっており、そこに設置された特別な発電所のおかげで、1時間で1万枚までのビラを印刷できた。

 しかし、フィルムを飛行中の雲に直接投影するというアイデアは、技術的に不可能であることが判明した。そのため、飛行場で映画上映を手配することになった。

大惨事

マキシム・ゴーリキー号は赤の広場の上空で

 残念ながら、この巨大な宣伝用飛行機は短命だった。何回かフライトを成功させただけに終わってしまった。その内の一回には、モスクワで数日間過ごしたアントワーヌ・ド・サンテグジュペリが参加していた。

 1935年の春、ANT-20はゴーリキー航空のプロパガンダ隊に移籍した。これを祝うため、518日にモスクワ上空で記念飛行を行った。

 この飛行機は38人の乗客を乗せて空に飛んだ。その中にはこの巨大機を作った工場従業員や7人の子供を含む彼らの家族が含まれていた。 R-5飛行機とI-5戦闘機が護衛され、観客は「マキシム・ゴーリキー号」の大きさを目の当たりにした。

 飛行中、I-5のパイロットのニコライ・ブラギンがANT-20の隣で曲技飛行を行い始めた。この巨大機の周りを旋回するつもりだったが、コントロールを失ってしまった。この戦闘機は最高点でホバリングし、速度を失ってその下に飛んでいたマキシム・ゴーリキー号の右翼に衝突した。

ANT-20の墜落によって破壊されたレヴィタン通り(別荘地のソコル)

 その後1015秒間慣性で飛行し、空中を優雅に飛行していたANT-20は別荘地のソコルに墜落した。11人の乗組員およびI-5パイロットと38人の乗客合わせて 49人が亡くなった。

墜落の犠牲者の葬式

 NKVDの調査で、事故の一時間前、映画スタジオ責任者のV.リャジスキーとA.プルインが、フライトマネージャーの許可なしに、美しい映像を取るためにブラギンに巨大な飛行機の近くで曲芸飛行を行うことをお願いしていたが明らかになった。両者とも起訴された。

呪い?

ANT-20 bis

 「マキシム・ゴーリキー号」の犠牲が、プロジェクトの閉鎖にはつながったわけではなかった。 6基のより強力なM-34FRNVエンジン(最大1200 馬力)を搭載した、改良された新しい機体、ANT-2 bisが設計されることが決定された。

 しかし、この新しい巨人の運命もまた悲劇的なものだった。旅客と輸送で272時間飛行した後、19421214日にウズベキスタンで墜落した。この悲劇の犠牲者は、26人の乗客と10人の乗組員だった。

 その結果、プロジェクトは中止され、ANT-20ANT-20 bis両方とも生産されなくなった。

 巨大な宣伝飛行機の「ゴッドファーザー」ミカイル・コルツォフも長くは生きなかった。彼は恩人から好意を失い、194022日に「全ソ連邦共産党とソビエト政権に対する陰謀の関与者」として逮捕され、射殺された。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる