ロシアが2020年代半ばまでに戦闘ロボット軍団を創設

ロボット複合体「ウラン-9」

ロボット複合体「ウラン-9」

Vitaly V. Kuzmin/www.vitalykuzmin.net
 ロケット砲と大口径の機関銃で武装したこれらのロボットは、堅固な防御施設に身を隠したテロリストも燻り出すことができる。

 2025年までに、ロシアに初の多機能ロボット軍団が登場し、以後戦場で人間に取って代わることになるという。ロシアのメディアが軍産複合体の情報筋の話として報じた

「マルケル」と「ウラン-9」

 最初に登場するロボットの一つは、「マルケル」をプラットフォームとしており、歩兵戦闘車の縮小版を思わせる。

 設計者らの計画では、初の「無人戦車」軍団は人工知能で結ばれた5台のマシンで構成される。5台のうちのそれぞれが自分の課題をこなし、戦場で人間に完全に取って代わることができる。

 「これは単なる自動小銃を持った兵士ではなく、軍務をこなす人員だ。例えば、マシン軍団の一部は、現地で目標を追跡して行動計画を練るオペレーター兼照準手の役割を果たす。別のマシンは、戦場で『給油係』や『修理係』として機能する」と雑誌『アルセナル・オテチェストヴァ』(「祖国の軍備」)のビクトル・ムラホフスキー編集長はロシア・ビヨンドに話す。

 今のところ、ロボット兵士には、120 mm迫撃砲を備えた、機関銃とグレネードランチャーの複合モジュールが装着される予定だ。これらの兵器は、塹壕にいる敵の人員を抹殺し、開けた土地での戦闘で軽装甲車両を破壊するのに十分であろう。

 加えて、小型無人機が空からロボット軍団を援護し、擲弾と無誘導爆弾を敵に浴びせる。

 「マルケル」の他、ロシアにはすでに「ミニ戦車」があり、シリアで戦火の洗礼を受けている。このロボット複合体「ウラン-9」は、戦車の車体をベースとしている。

 このマシンの役割は歩兵の火力支援、土地の偵察、そして軍事施設の警護だ。ロケット砲システム「アターカ」と「イグラー」によって、ロボットは低空飛行する敵機を撃墜したり、敵の軽装甲車両や防御施設を破壊したりと、幅広い課題を解決できる。

 加えて、「ウラン-9」は30 mm機関砲「2A72」と7.62 mm口径の機関銃で武装している。射速は毎分350発~400発に達する。

 しかし、専門家が皆戦闘ロボットに楽観的な見方を示しているわけではない。彼らの中には、開発品を戦場で人間に取って代わる一人前の戦闘ロボットに変えるには、まだ設計者らが解決せねばならない課題が山積していると考える人もいる。

ロボットの問題点

 「あらゆるロボット・システムの主要な問題点は、遠隔操作が不可欠ということだ。ロボットは敵の破壊に関して戦場で自ら決定を下すことができない。被弾して衛星との通信が途絶えれば、マシンは電源が切れたも同然だ」とイズベスチヤ紙の軍事評論家、ドミトリー・サフォノフ氏はロシア・ビヨンドに語る。

 同氏によれば、現在技師らは演習場で戦闘状況をシミュレーションしているという。ロボットは弾丸を浴びせられたり地雷で吹き飛ばされたりするだけでなく、敵が戦場でロボットの電源を切るために仕掛けてくる電子戦の条件下でどのように動くか観察される。

 なお、この専門家が強調することには、初のロボット軍団の火器システムは、火力の面で戦車や歩兵戦闘車にまだまだ及ばない。

 「ロボットはまだ、戦いの運命を決したり、戦いの流れを変えたりできない。今のロボットはもちろん特殊部隊員の命を救えるだろうが、戦争の行方を決めるのは依然人間であろう。あと数十年は人間が戦場に残ることになる」とサフォノフ氏は締め括る。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる