冷凍マンモスも運んだロシアの巨大ヘリコプターに関する10の事実

Global Look Press
 世界最大のヘリコプターMi-26は、トラック、戦車、ヘリコプター、大きな飛行機、ホッキョクグマの幼獣でさえ難なく輸送してしまう。

① この巨大なヘリコプターは、ソ連・ロシアのヘリコプター産業の誇りだ。全長40㍍のMi-26は世界最大のヘリコプターで、現在までに318機が製造されている。

クビンカ飛行場で曲技飛行チームの練習に使われているMi-26。

② この空飛ぶマンモスは、最大20㌧の貨物を、機内に収納するかケーブルで吊り下げるかして運ぶことができる。

ロシアのヘリコプターMil-Mi 26がスイスのチーム「Alinghi」を載せた巨大なカタマランAlinghi 5 をレマン湖から北イタリアの港ジェノヴァまで運んでいる。2009年8月7日。

③ およそ90人の空挺兵がゆとりをもって搭乗でき、60人の負傷兵を寝かせて運ぶこともできる。しかし、バスケットボールコートがすっぽり入る貨物室を持つMi-26の機内には、100人以上の乗員が詰め込まれたこともあった。

外国メディアのジャーナリストたちがMi-26に乗っている。中国国境付近、シベリアのツゴル演習場で行われたロシア軍秋季大演習「ヴォストーク2018」ヘ向かう途中。2018年9月13日。

④ Mi-26は1984年にアフガニスタンでデビューした。このヘリコプターは武器を輸送し、負傷兵を戦場から避難させ、損傷を受けたMi-8ヘリコプターを救出した。

Mil Mi-26

⑤ 2002年、この象徴的なヘリコプターは再びアフガニスタンの空域に入った。損傷を受けたヘリコプターMH-47E「チヌーク」とAS532「クーガー」を山地から救出するのに使われたのだ。

⑥ このヘリコプターは、軽戦車や歩兵戦闘車を難なく運ぶことができるが、軍事利用がすべてではない。Mi-26は、産業部門では材料の運搬や建設作業に用いられている。消火活動に使われることもある。チェルノブイリ原発事故の際には人々の救出活動に当たった。

Mi-26と吐水装置VSU-15。ロストフ州の消防訓練にて。

⑦ 2009年、サンクトペテルブルク市民が固唾を呑んで見守る中、Mi-26はTu-134飛行機をプルコヴォ空港から非常事態省の訓練場まで運んだ。

 Mi-26が旅客機Tu-134をサンクトペテルブルク郊外にあるロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省のトレイニング・センターヘ運んでいる。

⑧ この航空機は重い貨物だけ運んできたわけではない。一度、北極で母親を失った子熊の救助要請を受けた。幸運な子熊は救出され、自然保護区に移送された。

Mi-26が多冬極氷に着陸する。

⑨ しかし、「Mi-26の最も変わった貨物」の称号に相応しいのは、20㌧の毛むくじゃらの冷凍マンモスだろう。

⑩ 不幸にも、世界最大のヘリコプターは、史上最悪の撃墜事件に遭ったことでも知られている。第二次チェチェン紛争中の2002年、Mi-26はチェチェンの戦闘員らに撃墜され、乗員127人が死亡した。

グロズヌイから80キロメートル西にロシアの軍事基地。兵士たちはチェチェン共和国の前線に運ばれる予定。1994年12月16日。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる