「黒い鮫」とその他のロシア製軍用ヘリコプター(写真特集)

スタヴロポリ地方。Mi-28Nのクルーが夜の複雑な天候の中で訓練を行なっている。

Global Look Press
 ソビエト及びロシア製のヘリコプターは多くの国の軍隊で人気があり、世界中の武力紛争で広く用いられている。

1.Mi-1:初の試み 

 1940年代後半にM・L・ミーリ記念モスクワ・ヘリコプター工場によって作られたMi-1。

 これは、すでに量産されていたソ連初のヘリコプターMi-1を軍用ヘリコプターとして転用したものだ。1950年代末、無誘導ミサイルか機関銃を装備できる軽攻撃ヘリコプターMi-1MUが作られた。Mi-1は中国での毛沢東率いる共産党軍と蒋介石率いる国民党軍との戦闘で用いられた。同機はイスラエル軍と戦うエジプト軍やシリア軍にも使用された。

2.Mi-6:六日戦争

Mi-6が装甲の偵察隊と巡回車を運送している。チェバルクリ射撃場での軍事訓練の時。中央軍管区、チェリャビンスク州。

 Mi-6は、本来は兵員輸送ヘリコプターとして1950年代末に開発された。積載量と飛行高度の点でいくつかの世界記録を打ち立てた。Mi-6の中には、12.7ミリ機関銃を搭載しているものもあった。1967年の六日戦争(第三次中東戦争)では、エジプト軍はイスラエル軍の対空攻撃で10機のMi-6ヘリコプターを失った。1980年代のアフガニスタン紛争では、Mi-6は主に弾薬の輸送に関わった。およそ30機が撃墜された。

3.Mi-8:輸送機能

上陸部隊の軍人たちが「センター 2015」という戦略的な軍事演習に参加している。

 Mi-8は軍事輸送ヘリコプターとして開発された。同機は過去50年間の数多くの武力紛争に参加している。主に中東紛争で用いられたが、おそらく全盛期は1980年代のアフガニスタン紛争だ。ソ連軍は同機を170機以上失った。Mi-8は1990年代以後に旧ソビエト領内で起きたすべての紛争に参加している。

4.Mi-24:アフガニスタンの「クロコダイル」

シリア、2015年10月6日。ロシアのMi-24 がフメイミム空軍基地の上を飛んでいる。

 Mi-24はソビエト初の軍事専用ヘリコプターだ。同機は30もの地域武力紛争に参加したと考えられている。攻撃ヘリコプターとしては唯一、上陸作戦で兵員を輸送する目的でも用いることができた。45ヶ国の軍隊で用いられてきたが、同機が特に広く知られるようになったのはアフガニスタン紛争がきっかけだ。当時、その特徴的な外見から、このヘリコプターは「クロコダイル」と呼ばれた。紛争中アフガニスタンで120機以上のMi-24が失われた。レバノン内戦中の1982年には、シリア軍のMi-24がイスラエル軍のF-4戦闘機を撃墜した。その10年後、「クロコダイル」はアブハジア紛争でジョージア(グルジア)軍のSu-24戦闘爆撃機を撃墜した。

5. Ka-50:唯一無二の「黒い鮫」

ヘリコプター KA-50「黒い鮫」がデモ飛行を行う。

 カモフKa-50ヘリコプター、通称「黒い鮫」は、二重反転式ローターを持つ強力な一人乗りヘリコプターだ。世界で初めて緊急脱出用の射出座席を搭載したヘリコプターである。同機の生産は2009年で終わり、計20機ほどしか製造されなかった。ロシア軍がKa-50の発展版であるKa-52「アリゲーター」を選んだためだ。「黒い鮫」は第二次チェチェン紛争中の2001年前半に使用された。メディアの報道では、Ka-50はMi-24との共同任務で後者を驚かせたという。というのも、「黒い鮫」の操作性が高すぎるために、戦闘作戦中にMi-24がこのカモフ社のヘリコプターの位置を把握するのに苦労したのだ。

6.Mi-28N:「夜の狩人」

Mi-28「夜の狩人」が国際飛行競技会 Aviadarts 2016 のロシア・ステージ。フェオドシヤ郊外にあるロシア空軍のチャウダ・テストセンターにて。

 ミーリ設計局が開発したロシア最新の攻撃ヘリコプターが、Mi-28N「夜の狩人」だ。夜間でも活動できる全天候型2人乗りヘリコプターである。同機は2016年にシリアに配備され、同年4月のパルミラ攻防戦では、街に攻撃を仕掛けるシリア政府軍を数機のMi-28Nが支援した。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる