ロシア人が発明した超人気品5選

発明家イーゴリ・シコルスキーのヘリコプター=

発明家イーゴリ・シコルスキーのヘリコプター=

AP
 歴史的に見て、ロシアの発明者、考案者のレベルは高いが、多くが国内で日の目を見ることができず、海外に亡命、移民している。そのため、それらの発明品は他の国で自国の品と考えられていることが多い。ロシアにルーツのある発明品を特集する。

1.     グーグル

検索システム「グーグル」の創設者の一人はセルゲイ・ブリン=AP検索システム「グーグル」の創設者の一人はセルゲイ・ブリン=AP

 世界で最も人気のある検索システム「グーグル」の創設者の一人はセルゲイ・ブリン氏。ロシア人である。1973年にモスクワで生まれ、1979年に両親とともにソ連からアメリカに移民した。アメリカに移民した後、父のミハイルさんが教授として働いていたメリーランド大学で学士号を取得し、スタンフォード大学を卒業した。

 ブリン氏が両親の長所を受け継いだことは明らかだ。ソ連では、母のエヴゲニヤさんはエンジニア、ミハイルさんはエリートが集まるソ連国家計画委員会付属経済学研究所で経済学者として働いていた。だがミハイルさんは自己実現できていないと感じ、数学に専念したいと夢見ていた。アメリカで夢をかなえることができた。

 

2.     テトリス

テトリス=Getty Imagesテトリス=Getty Images

 テトリスはアレクセイ・パジトノフ氏が1984年に発明した。当時、ソ連科学アカデミー電算センターで働き、人工知能や音声認識を担当していた。テトリスはすぐにモスクワで人気となり、外国人ビジネスマンの関心を引いた。権利やライセンスの問題の混乱により、配当を受け取り始めたのは数年後であった。だがゲームのファンはあっという間に世界中に生まれた。

 パジトノフ氏は1988年、ゲーム・ソフトウェアの開発に特化した「アニマテック」社を創設。1991年、アメリカに移住した。現在もゲームの開発を行っている。

 

3.     スマイリー

ウラジーミル・ナボコフ=Getty Imagesウラジーミル・ナボコフ=Getty Images

 最初にスマイリーまたは笑顔の顔文字を考案したのは、アメリカのプログラマー、スコット・ファールマン教授と考えられている。カーネギーメロン大学の電子掲示板で、まじめなメッセージとジョークを記号でわけようとした。ファールマン教授のスマイリー入りのメッセージの日付けは1982年9月19日。

 だが1969年5月に、長編小説「ロリータ」で有名なロシア人作家ウラジーミル・ナボコフが事実上、スマイリーを考案していた。アメリカの雑誌「タイム」のインタビューに応じた際、現代作家の世界ランキングがあったとしたら、自分をどこに位置づけるかと聞かれ、こう答えた。「笑顔を意味する活版のマークをつくる必要があるのではないかと、よく考える。鉤形や上向きになったカッコなど。あなたがたの質問に答える時に使えるような」

 

4.     ヘリコプター

発明家イーゴリ・シコルスキーのヘリコプター=AP発明家イーゴリ・シコルスキーのヘリコプター=AP

 1908~1911年、ロシアの発明家イーゴリ・シコルスキーは、ヘリコプターのモデルを2つつくった。1910年、自分が設計したアエロサンで飛行することに成功。1912年、リガ(現在のラトビアの首都で当時はロシア帝国だった)のロシア・バルト工場航空機部門の設計主任になった。

 1918年、フランスに亡命し、その翌年にアメリカに移民した。1923年、航空機会社「シコルスキー・エアクラフト」を創業。この会社はその後、「ユナイテッド・テクノロジーズ」の支社になっている。

 1939年、シコルスキー・エアクラフトは約15機の航空機を製造し、1939年にヘリコプターの設計と建設を始めた。

 

5.     B90W60H90の美の基準

ロシア人芸術家ロマン・トィルトフ(エルテ)作の挿し絵=AFP/East Newsロシア人芸術家ロマン・トィルトフ(エルテ)作の挿し絵=AFP/East News

 多くの人が、現代の美の基準と、フランスのファッションデザイナー、クリスチャン・ラクロワを結びつける。だがロシア人芸術家ロマン・トィルトフ(エルテの名で活動)も、基準の確立に貢献しているという意見がある。

 トィルトフは1892年11月23日、サンクトペテルブルクの海軍将校の家庭で生まれた。軍人になることを望まず、パリに移住した。そこでサンクトペテルブルクの雑誌「婦人のファッション」の記者になる。1913~1914年、フランスの有名なデザイナー、ポール・ポワレのもとでデザイナーとして働き、また舞台美術家としても活動した。

 自分のブランド店をつくることを夢見ていたが、ポワレとの関係が悪化したことから、実現できなかった。1915年、アメリカの雑誌「ハーパーズ・バザー」と契約を結ぶことに成功。アメリカ、イギリス、フランスの大手出版社向けにも仕事をした。有名なファッション雑誌の表紙を、またファッショニスタの意識を、すらりとした、ウエストの細い女性が席巻した。

もっと読む:発明大好きロシア人のなぜ>>>

もっと読む: