MS-21の試験機第2号が処女飛行:ライバルはエアバスA320とボーイング737

Irkut Corporation
 ロシアの中短距離ジェット旅客機「MS-21-300」の試験機第2号が、5月12日、イルクーツク航空機工場の飛行場で、試験飛行を行った。同工場を傘下に持つ航空機メーカー「イルクート」が伝えた。処女飛行は、高度3000m、最高速度400km/hで、1時間7分間にわたり行われた。

 飛行中にこの航空機は、着陸装置を作動させつつ、翼の様々な形状における機体の安定性および制御性を試験したと、同社は指摘した。搭載機器も試験したという。

 ワシリー・セヴァスチアノフ・テストパイロットによると、飛行は正常に行われた。

 デニス・マントゥロフ産業貿易相によれば、現在、3機のMS-21-300が試験中で、うち2機は試験飛行、1機は静的試験を行っている。「イルクーツク航空機工場はさらに3機の試験機を建造中」と、マントゥロフ産業貿易相は付け加えた。

 

Tu-134とTu-154を代替する「21世紀の機体」

 MS-21は、Tu-134とTu-154の代替機となるべき中短距離ジェット旅客機だ。ナローボディ機(内部の通路が1つしかない機体)で、後続距離は6400キロメートル。211人の乗客を運ぶ。こうした特徴から、ボーイング737、エアバスA320などと直接競合することになる。

 MS-21の最初の試験飛行は、2017年5月に実施された。2018年2月には、ロシアの航空最大手「アエロフロート」がMS-21-300を50機購入する契約を結んでいる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる