宇宙初のバドミントン大会:無重力空間をシャトルが遊泳

 ロシアのロスコスモス、アメリカのNASA、日本のJAXAの宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション(ISS)で、宇宙初のバドミントン大会を行った。ロシア連邦バドミントン連盟は2月6日にこのニュースを伝え、この歴史的イベントのビデオも提供した。

 第54次長期滞在クルー全員、つまり、ロシアのアレクサンドル・ミシュルキン、アントン・シュカプレロフ、NASAのジョセフ・アカバ、マーク・ヴァンデハイ 、日本の金井宣茂の各宇宙飛行士が、全員宇宙初のバドミントン大会に参加した。

 誰もスコアは数えず、勝者はいなかった。勝ったのは、友愛の精神だ。

 「最初の団体戦は、地球から遠く離れた場所で行われた。私にとっては、火星に旗を立てるようなものだ」。ISSのアレクサンドル・ミシュルキン第54次長期滞在クルー・コマンダーはこう語った。「なぜバドミントンかって?単に好きだからさ」

 コマンダーは、ロシアの宇宙飛行士訓練センター「星の街」でのバドミントン・トーナメントで2度優勝している。彼によると、このスポーツは人々を結びつけ、健康を増進させ、身体を鍛え、おまけにとても楽しいそうだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる