ロシア シリアでの停戦の道筋を米国に提案

 ロシアのラブロフ外相は「ロシアは、米国に対し、シリアにおける停戦のスキーム、道筋を提案した」と述べた。

 ラブロフ外相は、次のように指摘した。

 「具体的な詳細を明らかには出来ないが、このプランは、アサド大統領の即時退任を求めるものではない。その事は、米国も、彼らの地域の同盟諸国も賛成している。このプランを、米国政府が一日も早く検討するよう希望する。なぜなら、その提案は、単純なものだからだ。」

 なお停戦プランに関する情報以外に、ラブロフ外相は又、シリア国内対話の問題にも言及し「ロシアは、国連安全保障理事会決議第2254号実現のために、必要なあらゆる事をし、交渉プロセスの進展を促している」と伝えた。

 

*「Sputnik日本」より転載