国の姿が問われる

世論の底流には時代の言葉がうごめく。「民主主義」はソ連崩壊前後から1990年代末までのロシアを彩る言葉だった。現在のロシアで世相を揺さぶる考え方としては「自由主義」を挙げることができよう。「ロシア的自由主義」をめぐる対論をここに紹介する。自由主義者の外来思想を批判する新進作家に対し、自由主義派の評論家はその排他的傾向を警告する。

自由解釈分かれる

イーゴリ・デミコーフスキー

 ロシアは90年代初めから明的で自由主義的な会を築いてきた。


ロシアはすでに自由社会

 ロシアは界の政治融システムに等のパートナーとして組み込まれた。はや、明世界に対立する勢力の中心ではなくなってしまった

  ロシアでは金があれば)、国の内外を自由に移動できる。分に自由な数百の報道機関もある。

  国民はンターネットを駆使すれ、あらゆる政治家のうしろめたい報を大量に集められる

  ロシア国民国人律の枠内ならんなビジネスでも始められるし、稼いだ金由に使える。

 国外に持ち出して、ごく個人的な目的に使用することもできる。んな文学作品も音楽も入手可能だ家権力から独立した映画産業も、独立度のさらに高い演劇界もある。私立の病院、大学、学校も現れサービス野で競争原理が働いていることは明らかだ。

 ロシアが自由主義して、旧ソ連・東欧などの国々(例えば、ハンガリー、リトアニア、ルーマニア、ウクライナ、チェコなど)いがあるどうして言えようか。

 なるほど、ロシアの汚職はひどい。だが、世界には自由主義ありながら、負けず劣らず汚職にまみれている国がたくさんあるではないか

 なるほど、ロシアでは(反自由主義掲げる私の同僚政治犯が収監されている

 しかし、他の自由主義の国って、反政府活動をやって捕、収監されることもあるではないか

 ロシアには問題を抱えるマスコミもあり、無理やり解雇されるジャーナリストもいる。だが、他の自由主義のにもブーはある。ブーを破っために(いしろう)うめくャーナリストもいる。

 聖書と自動小銃を崇拝する米国世界の自由主義総本山であり続けている。

 ロシアがやり残していることといえば国会を民主党と共和党に二分割して、相互の可侵条約結んだ上で、政権を交互に譲り合うことくらいだ。しかも、どうやらそういう方向に進んでいるのだ

 だ私はうなることを望まない。私はなたがたの自由主義生きたいとは思わない。

  確かに、我々ロシア人には正な裁判も、体障害用の傾斜路も、まともな選挙も警察も社会福祉も医療もけている。だが、これらは本当に自由主義のろうか

 自由主義者に荒唐無稽(むけい)な事柄を信じる。

 「シアが持ちこたえているのは、自由主義者たゆまぬ力のおかげ」という

 実際めて非自由主義的な家政策で獲得した石油・ガスのおかげだというのに。


自由と自由主義は別物

 世界の良いものすべて由、チューインガム、酒、良い小説、アイスクリーム、花、ミニスカート等々自由主義の所産あり、悪いものは何でも争、牢獄、亡命、愛国的映画、軍靴自由主義あると。

 自であること自由主義とはない。意語であることさえ珍しくない。こういう哲学的パラドクスは時たま起こる。

 「経済的な豊かさ」が自由主義同義語でないことはなおさらだ。「国家の独立」について言うまでもない


ザハール・プリレーピン氏、作家

svpressa.ruより抄訳

 

排他的な反対派

排他的な反対派

 今日、ロシアで自由主義者あることは極めて不利だ。テレビの前で何時間も過ごす一般のロシア人にとって、自由主義者「ならず者」であることは明らかで、要するに性愛者で西側のエージェントだと思われているようだ。

 

嫌われる自由主義者

  自由主義者立場をさらに苦しくしているのは、彼らが国民の利益を引き合いに出せないことだ。

  国民が専制的な条件の下で生きている場合、いかに生き延びるかが主な関心事となる。民は分を養ってくれている権力怒らせまい思う。

  自由主義は思想の内容は、人間は強制抜きに向上することが可能であり、自由への志向は生得のものということだこう私が発言すると、不信の目で見られる。由な人間は自らを養うことができる私が言えば、憎々しげににられる。

  「ふん、お前の言う自由は知ってるゴルバチョフのそれでをバラバラにして盗みまくったんだ。もう

  「自由」とは半のロシア人にとって、犯罪、解体、混乱などを意味する。

  一方、「秩序」は家の偉大さのために権力に従い、個人的自由を制限することである。

 米史学者リチャード・パイプスが摘した通り、ロシアではいつでも自由」と「秩序」のうち、後者を選んできたシアでは自由主義と何かりもしないのに、自由主義憎悪している

 ソ連社会には由主義的な思想が胚胎していた。それが検閲廃止と民営企業設立を求め、結局、ソ連を解体させたということかもしれない。ところが、現在のロシア人は大体無知で、神話を事実としてうのみにする。



意図的に敵を作り出す

  思性の強い人一般の人々の済する型にうまく流し込むことができる。通、これは「敵」の撃滅と結びついている。

 敵とは国人であり異教徒であり、あるいは単に肌合いの違う連中であり、生活スタイルの異なる人々、すなわち「自由主義者だ。

 「あいつらこそは諸悪の根源だ。捕まえろというわけで。

 こういう思想的にまじめ人が能ある作家ザハール・プリレーピンだ(彼の才能はくの点で実さら来ている)。

 彼は止された国家ボリシェビキ党」に入っていたことがあり、刑務所も警察の横暴も身にている。々痛い目に遭った彼は歌を歌い始めた

 成り行き任せで流れていく人たちへの賛歌を。単に多数派であるがゆえに正しい人たち、同じシア人であり、祖父たちがここに住んでいたがゆえに正しい人たちへの賛歌を。

 彼説はシアの「ゴプニク(役立たずの人間)」への賛歌を奏でている

 教育、文化重みにうちしがれい、若き動物たちが持つ力。そ賛嘆の念はとしてンテリたちの間でさえ見れる。

 だが、くわ振るう汗まみれの農夫を見て感じる美的満足と、この農夫を世界の中心に置き、彼のようでない者はみんな敵だと宣言することとは然違う。似たようなことが、カンボジアのポル・ポト政権下でもあったことを思い出す


ドミトリー・グビン氏、評論家