トルトフネフ副首相が来日

 ユーリ・トルトフネフ極東連邦管区大統領全権代表兼副首相は16日、日本を3日間の日程で訪れた。訪問中、日本の政府および経済界の関係者と会談し、両国の関係発展の問題について話し合う。

 タス通信の取材に対して駐日ロシア大使館が伝えた16日の日程には、極東で活動する日本およびロシアの製鉄会社およびエネルギー会社の会議も含まれている。トルトフネフ副首相は、日本の「ロシアNIS貿易会」の幹部、「川崎重工業」の村山滋社長などとも会談を行う。

 また、トルトフネフ副首相と世耕弘成官房副長官の会談が16日に行われた。最終日の18日には林幹雄経済産業相とも会談する予定。

記事全文(露語)

もっと読む:プーチン大統領「日本は重要なパートナー」

もっと読む:北海道とサハリン ビザ緩和めざす>>>