5月12日に「メトロマラソン」

アレクサンドル・ヴィルフ撮影/ロシア通信
 5月12日、モスクワ地下鉄開業81周年を記念し、数学のアルゴリズムを利用して全199駅をわずか1日で回る「メトロマラソン」が行われる。

 4人の有志からなるグループが、5月12日、1日でモスクワ地下鉄のすべての駅を回る計画を立てていると、Tジャーナル誌 が伝えた。

 モスクワ地下鉄は午前5時~深夜1時に運行されているが、「地下鉄マラソンランナー」たちは、20時間で全199駅を回れるとみている。このイベントは、モスクワ地下鉄開業81周年を記念して、それにあわせて行われる(最初の路線が開通したのは1935年5月15日のこと)。

 

20時間で335,5キロメートル

 「マラソン」の発起人は、ロシア最大手の検索エンジン「ヤンデックス」のアナリスト、アレクセイ・チーホノフ氏。数学のアルゴリズムを利用して最適のルートを割り出した。走破する距離は335,5キロメートルにおよぶ。

 チーホノフ氏がTジャーナル誌に語ったところでは、1日の営業時間(20時間)でちょうど全駅を回れるが、来年になると、 1日ではもう無理だという。今年の末までに12の新駅がオープンし、来年もさらに10駅開業するからだ。

 プロジェクトの主催者は、このマラソンをソーシャルネットワークとサイト「メトロマラソン2016」で中継する予定。

もっと見る:【スライドショー】モスクワ地下鉄の新駅5駅>>>