プーチン大統領:日本自身がロシアとの対話を停止した

 プーチン大統領は「国民との直接対話2016」後、「日本自身がロシアとの対話を停止した」と述べた。

 「妥協に至るためには、恒常的な、不断の対話が必要だ。しかし日本は我々との接触を制限する決定をとった」。記者からの質問に答え、プーチン大統領が述べた。

 プーチン大統領は、露日対話の停止は日本国および日本人の利益に適わない、と述べた。

 ならびにプーチン大統領は、安倍総理のロシア訪問を歓迎する、と述べた。

 「(安倍総理とは)もちろん、あらゆる問題について話し合う。解決するために。我々はそれらの問題を第二次世界大戦の終結以来解決できないでいるのだが、これまでに作られた様々な機構が絶えず機能することが必要だ。いつかは妥協点を見つけることが出来るだろうし、見つかるだろうと思われる」

記事全文(露語)