「ロスアトム」、日本企業を原発建設に参加させる用意あり

 ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」は国外における原発建設プロジェクトに日本の設備供給者を参加させる用意がある。東京で開かれているロシアの原子力技術をテーマとする会議で、ロスアトムのキリル・コマロフ第一副社長が述べた。

 コマロフ氏は次のように述べた。「ロスアトムは外国での原発建設について最大級の実績をほこる、世界最大手の企業である。我々はこれらプロジェクトを協力して実現するべく、日本企業を非常に積極的に招く用意がある」

 「日本にはこの方面で膨大な経験をもつ大企業がある。東芝も三菱もそうだが、他にも、原発向け設備の製造について多大な作業経験をもつ企業が数多くある」とコマロフ氏。

 同時にコマロフ氏は、ロシア自身にもしかるべきエネルギー設備を製造する力が十分にあり、実際に製造できる状態にもある、と指摘。「しかし今日、プロジェクトは非常に多く、需要も非常に多いので、全員に仕事が行き渡るだけの余地がある」。ロスアトム第一副社長はこのように締めくくった。

記事全文(露語)