ロイター通信:EUは対ロシア制裁延長を承認

EU加盟諸国の常任代表達は、ロシアに対する経済制裁を、さらに6カ月延長し来年2016年1月末までとする事を承認した。ロイター通信が、消息筋の情報として伝えた。

 先にEU諸国の代表らは、6月23日に期限が切れるクリミアに関する制裁の延長が、近日中に予定されていると述べていた。ルクセンブルグのクリスチーナ・ブラウンEU大使によれば、制限措置の効力は1年間延ばされるだろう、との事だ。

 EUの制限措置延長のためには、その効力の新しい期限が公式的に決められた規範的文書を作成する必要があった。

 

*Sputnik日本より転載