ロシア機接近で日本の航空自衛隊機が緊急発進

ロシア機3機の接近に伴い、日本の航空自衛隊機が緊急発進した。日本の防衛省・統合幕僚監部 が伝えた。

 ツポレフ142型機2機とイリューシン20型機が9日、日本海上空を飛行した。領空侵犯はなかった。ツポレフ142型機は、本州と北海道沿いを北上し、イリューシン20型機は、反対方向へ飛行したという。

   統合幕僚監部は10月初旬にも、イリューシン38型機が接近したと伝えたほか、4月と5月にも、ロシアのイリューシン38型機と対潜哨戒機ツポレフ142型機が日本の領空に接近した。同じく領空侵犯はなかった。

   統合幕僚監部の統計によると、日本の航空自衛隊機は今年7月から9月にかけて、ロシア機の接近に伴い105回緊急発進したという。同期間、中国機は日本に80回接近した。

 

(「ロシアの声」より転載)