クリルでマグニチュード5.9の海底地震

クリル沖の太平洋で、海底地震があったが、津波の危険はない。サハリン州非常事態総局がインターファクス通信に伝えた。

 それによれば、モスクワ時間で18時56分、クリル列島北部パラムシル島セヴェロクリリスク東方沖合86キロの太平洋で、深さ100キロを震源とするマグニチュード5,9の地震があった。

 セヴェロクリリスクの町では、揺れが感じられた。

 サハリン州非常事態総局は「住民居住区では、震度3程度の揺れが体感されたが、人的物的被害はなく、津波発生の心配もない」と確認している。

 

(「ロシアの声」より転載)