ロシア作家のカラー写真と音声

Klimbim
 ロシア人アーティストのオルガ・シルニナ (通称「Klimbim」) は、有名なロシア人作家や詩人のアーカイブ写真に色づけした。これらの写真に、現存している場合は、これらの作家や詩人の肉声の録音を追加した。
 
 

 

 アントン・チェーホフは、その戯曲により世界中の観客を魅了した。『桜の園』や『三人姉妹』の作者で、短編小説の真の巨匠である。

 「イプセンと同世代の偉大なヨーロッパの劇作家たちの銀河において、チェーホフは、トルストイとツルゲーネフと比べても1等星の輝きを放っている」とジョージ・バーナード・ショーは記している。 

 

 

 アンナ・アフマートヴァは、ロシアの最も有名な女流詩人だ。彼女はスターリンの恐怖政治や大粛清、第二次世界大戦におけるレニングラード包囲戦の犠牲者を救出することはできなかったものの、その平明な韻文によって彼らの記憶を保存し、忘却という形による第二の死から彼らを救った。故人を追悼した誌には『レクイエム』、『英雄のない叙事詩』がある。

アンナ・アフマートヴァの『最後の詩』を聴く

 

 オシップ・マンデリシュタームは、同調の圧力に屈服することなく生活し、詩作した、「銀の時代」に活動を始めた最も偉大なロシア人詩人の一人である。彼は、勇敢な詩と悪名高い『スターリン・エピグラム』がもとで命を落とすこととなった。何千人もの同胞と同じように、彼はウラジオストク近郊の収容所で「衰弱死」したとされている。

オシップ・マンデリシュタームの『いや、私は誰の同世代でもあったことがない』を聴く。

 

 トルストイは、欧米の読者の間で驚異的な人気を誇った数少ないロシア人作家の一人だ。今日、トルストイの多くの小説が映画化されており、世界中の人々に『戦争と平和』、愛と人生、そして神秘的な「ロシアの魂」に関する洞察を与えてくれている。

レフ・トルストイ作のおとぎ話『狼』を聴く。

 

 

 ミハイル・ブルガーコフの遠隔地の村で医師として働いた経験は、ロシア人作家ミハイル・ブルガーコフにたくさんのアイデアを与え、それが有名な『若き医師の手記』となり、2012年にイギリスのテレビでドラマ化された。彼の死後何十年も経った現在、ブルガーコフの最高傑作とされる小説『巨匠とマルガリータ』は世界的に認められており、75言語に翻訳されている。

 

 

 セルゲイ・エセーニン。「我がロシア、木のロシアよ!我はそなたの唯一の詩人で布告者である」農村をこよなく愛した詩人セルゲイ・エセーニンは、同胞であるマヤコフスキーの革命的かつ新時代に掉さす詩作を受け入れず、その代わりに自らの詩作を主に女性と母国に対する愛情に捧げた。

セルゲイ・エセーニンの詩『プガチョフ』からの抜粋を聴く。

 

 

 マクシム・ゴーリキー。政治的に活発な作家のゴーリキーは、社会主義的理想主義の象徴となったが、後にソ連当局との関係は複雑化した。彼の作品には小説、戯曲と自伝がある。彼の小説『母』はソビエト文学の定番となり、概して、社会主義的現実主義を代表する最初の作品であるとみなされている。/ 写真: 妻のエカテリーナ・ペシコーワとマクシム・ゴーリキー。

マクシム・ゴーリキー、作家協会の初会合での演説を聴く。

 

 ウラジーミル・マヤコフスキー。憂鬱な未来派のジェームズ・ディーンは、彼は革命の先導的詩人で、全身全霊をかけてボルシェビキ運動のために没頭した。彼の最も有名な作品には、詩作『ズボンをはいた雲』の他、愛、人生やソ連の現状に関する偉大な韻文がある。

ウラジーミル・マヤコフスキー『ある夏別荘でウラジミール・マヤコフスキーに起きた異常な冒険』の断片を聴く。

 

 

 ウラジーミル・ヴィソツキー。あらゆるソ連の音楽家の中でも、ウラジーミル・ヴィソツキーは最人気の人物 (少なくとも最人気の一人) である。彼もまた、年月の経過とともに、歴史上およびロシア人の精神においてその評判が高まった人物の一人だ。彼はロシア人の間で偉大な詩人、叙事詩作者、および天才的歌手・役者として記憶されており、彼のシェークスピアの『ハムレット』の革新的な上演は伝説的だ。

ヴラジーミル・ヴィソツキーの歌『私は好きではない』を聴く。