カラー写真で見るロマノフ家

 ロシア人アーティストのオリガ・シルニナ (通称「Klimbim」) は、ロマノフ家のアーカイブ写真に色づけした。

アーカイブ写真

 ロマノフ王朝でロシア最後の皇帝となったニコライ2世とその家族: 妻のアレクサンドラ皇后、娘のマリア皇女、オリガ皇女、タチアナ皇女とアナスタシア皇女、そして息子のアレクセイ皇太子。それらのすべて一緒に彼らの使用人、専属医のエフゲニー・ボトキン、メイドのアンナ・デミドヴァ、従僕のアロイス・トルップ、料理人のイヴァン・ハリトーノフは、1918年7月16〜17日の未明にエカテリンブルクでボリシェヴィキ兵によって殺害された

アーカイブ写真

 アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后と娘たち。

アーカイブ写真

 ニコライ2世は1894年11月1日から、1917年3月2日に強制的に退位を余儀なくされるまで統治した。

アーカイブ写真

 ニコライ2世の治世は、ロシアの経済的発展の他、社会政治的矛盾がより顕著になるとともに、1905年〜1907年のロシア第一革命と1917年のロシア革命の火種となる革命運動が発展したことが特徴だ。また、日露戦争と第一次世界大戦へのロシアの参戦も引き起こした。

アーカイブ写真

 アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后。/ 後にアレクサンドラ・フョードロヴナとなるヘッセン家出身のアリックスがロシアを初めて訪問したのは、姉のエラがニコライの叔父であるセルゲイ・アレクサンドロヴィチと結婚し、エリザヴェータ・フョードロヴナと名前を変えた際のことだった。将来夫婦となる2人が次に会ったのは、アレクサンドラ・フョードロヴナがサンクトペテルブルクにいる姉のもとで1ヶ月半を過ごした5年後のことだった。

アーカイブ写真

 マリア大公妃、1906年。/ マリア皇女とアナスタシア皇女は最年少で最も仲の良い姉妹だった。アナスタシアから奨励されたマリアは、当時人気になっていたテニスを始めた。2人の娘たちはジョークに興じるのが好きで、あまりに夢中になったため宮殿の壁にかけられた絵画やその他の貴重な品に当たって落としたりした。

アーカイブ写真

 オリガ大公妃とタチアナ大公妃。クリミアのリヴァディア宮殿で。/ 19世紀から20世紀のロシアの黒海艦隊は、クリミアのセヴァストポリを拠点としていた。ロシアのツァーリは、艦隊を査閲し、公式の会議や軍の祝賀行事に出席するためにセヴァストポリを訪問することがよくあった。ロマノフ家ではニコライ2世と皇后、その子どもたちが最も頻繁にクリミアを訪問した。

アーカイブ写真

 ニコライ2世とその一家は、アレクサンドロフスキー宮殿 (ツァールスコエ・セロー、別名ペテルゴフ) で大半の時間を費やした。夏には、クリミアにある離宮のリヴァディア宮殿で休暇を過ごした。ツァーリは毎年、ヨットの「スタンダード」号でも休暇を過ごし、毎回2週間をかけてフィンランド湾とバルト海沿いの航海を楽しんだ。

アーカイブ写真

 クセニア・アレクサンドロヴナ大公女。/ この写真は壮大な仮装舞踏会で撮影されたもので、それは1903年2月末にサンクトペテルブルクの冬宮殿 (今日のエルミタージュ美術​​館) で開催された。これが帝政ロシアで最後の大舞踏会となった。

アーカイブ写真

 よくヨーロッパで最も美しい王女と称されたエリザヴェータ大公妃、1914年。/ エリーザベト (ヘッセン=ダルムシュタット方伯領およびラインフェルス方伯領のエリーザベト) はドイツの王女として生まれ、結婚後はアレクサンドラ・フョードロヴナを名乗り、ロマノフ家の大公妃になった。彼女は人生を通して苦しむ人を助けた。ロシア革命時に殉教した結果、エリーザベトは聖人 (新致命者) として列聖された。今日、ロンドンのウェストミンスター寺院のファサードには、20世紀の殉教者の一人として彼女の彫像が含まれている。.

もっと読む:ロマノフ家のクリミアでの休暇>>