ホドルコフスキイ氏、国際指名手配

 石油会社ユコスの元保有者、ミハイル・ホドルコフスキイ氏が、国際指名手配された。水曜、ロシア捜査委員会のウラジーミル・マルキン報道官が記者らに明かした。

 先週、同委員会は、現在国外にいる同氏に対し、当事者不在のまま、2人あるいはそれ以上の殺人を組織し、教唆したとして、手配を行なった。同委員会によれば、90年代、同氏は、レオニード・ネフズリンおよびアレクセイ・ピチュギンその他の部下に対し、ネフチェユガンスク市長ウラジーミル・ペトゥホフおよび実業家エヴゲーニイ・ルィビンの各氏の殺人を組織するよう命じた。ホドルコフスキイ氏は捜査委員会の召喚に応じなかった。同氏の報道官キューレ・ピスパネン氏によれば、ホドルコフスキイ氏はロシアへの身柄引渡しを恐れてはおらず、自身の計画を変える気もない、という。

 

Sputnik日本」より転載